日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

続 夫婦百景
ゾクメオトヒャッケイゾクフウフヒャッケイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年11月03日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
The Husband Wore the Apron  
上映時間
103分  

「夫婦百景」の続篇で、「みみずく説法」の脚色者の一人・斎藤良輔が獅子文六の原作を脚色、「素晴しき男性」の井上梅次が監督、「銀座の沙漠」の岩佐一泉が撮影した喜劇。いずれも前作と同様のスタッフである。月丘夢路・大坂志郎・浅丘ルリ子・岡田眞澄・中原早苗・山根寿子・長門裕之らの出演。

スタッフ

企画
山本武
脚色
斎藤良輔
原作
獅子文六
監督
井上梅次
撮影
岩佐一泉
音楽
黛敏郎
美術
中村公彦
照明
藤林甲
録音
橋本文雄
編集
鈴木晄
出演
小沢昭一

ストーリー

学生夫婦の達夫とノリ子は無事に大学を卒業した。ノリ子は商事会社のタイピスト、宮仕えの苦しさは格別。達夫はノリ子の帰宅と入れ違いに出勤する、職業は夜間専門の駐留軍交換手。すれ違い夫婦というわけ。売れない原稿を書きつづける大川蒼馬に、見事十万円の児童文学賞が転りこんだ。ところが相変らず婦人雑誌の編集長・妻のみはるのために夕食の支度にいそがしい。そこへノリ子が賞金目当てにやって来た。二人は歌声酒場に現れ、鬼の居ぬ間の自由を謳歌した。その頃、みはるは自宅に電話した。ところが、電話に出たのは何んと泥棒夫婦。好い気になっているうちに大事な物を盗まれたのは蒼馬だけでなく、ノリ子は夫の達夫を盗まれてしまった。達夫は後輩の大野木の恋人啓子によろめいていた。酒場に居合せた大野木とノリ子は、啓子のアルバイト先のキャバレーに行った。そこで達夫と啓子のチークダンスをみつけ大騒動。ノリ子は啓子に酒飲み競争を申込み、あげくの果てに二人はぶったおれてしまった。一方、蒼馬が千鳥足で帰宅すると、みはるが待ちかまえていた。その結果、蒼馬は家を飛び出した。蒼馬は母親夫婦のやっている呑み屋“有明”に行った。そこには松江と、蒼馬同様に家を飛び出した政吉の二人。松江の夫・明は故郷に帰っていた。蒼馬と政吉は意気投合して、ソープランドからバクチ場へ。賭けに強い蒼馬はたちまち百万円の大金をもうけた。ところが、そのために泥棒と間違えられ留置場入り。次の日曜日--達夫とノリ子の結婚記念日--神妙な顔をした達夫はノリ子のお供で、想い出の浅草にやって来た。そこで双子を抱いた詮造とミネ子の夫婦に会った。詮造の生活力は極めて旺盛で、今日の日曜日も映画館の前で産児制限映画の呼び込みをやっていた。ところがこの映画は詮造の主義に反することから、館主と喧嘩になった。その最中ノリ子が卒倒した。どうやら産制の甲斐もなくおめでたらしい。達夫たちは財政緊縮とばかり、再び蒼馬のところの居候となった。蒼馬とみはるも仲直りし、二人の努力で明も松江のもとに帰って来た。あわただしい休日も終り、月曜日の朝が来た。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。