日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

底抜け忍術合戦
ソコヌケニンジュツガッセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年10月21日 
製作会社
宝塚映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
59分  

中田竜雄・淀橋太郎・蓮池義雄の共同脚本を、「一丁目一番地」の斎藤寅次郎が監督したコメディ。撮影は「フランキーの僕は三人前」の岡崎宏三。三木のり平・八波むと志・トニー谷・蝶々・雄二らのコメディアンに環三千世が出演する。

スタッフ

製作
山本紫朗
原作
小野田勇
脚本
中田竜雄淀橋太郎蓮池義雄
監督
斎藤寅次郎
撮影
岡崎宏三
音楽
中元清純
美術
内田昭一
照明
牧野秀雄
録音
中川浩一

ストーリー

関ケ原の合戦の後、徳川方の隠密が大阪城の絵図面を盗み去った。淀君と大野修理は、紀州九度山に住む漫賀流忍術の大家、戸沢白雲斎を訪れ、絵図面の奪回を頼んだ。白雲斎は一子、忍と門弟の平助にこの役目を命じた。忍は忍術五段の腕前、絵図面を盗んだ早耳甚内の人相書を懐に平助を連れて旅立った。一方、こちらは甚内、絵図面を手に街道を歩いていたが旅の道中師お銀にすられ、川の中へ捨てられてしまった。忍と平助は、とある宿屋に甚内を見つけるが逃げられ、なおも彼を追う二人は甚内らしき男を見つけ斬りかかるが、それは武者修業中の松平弦三郎という浪人だった。ほうほうの態で旅を行く忍と平助の前に突然、怪しい電光、甚内の頼みで二人の妨害に、山賊の親分、怒雷也が現れた。忍は秘術を尽して戦うが怒雷也のために樹上高く吊り上げられた。その時、どこからともなく飛んで来た手裏剣が怒雷也の利き腕に刺さった。助けてくれたのは弦三郎だった。そこへ平助も、ようやく絵図面を見つけ安心して野天風呂に入っていた甚内から、その絵図面を取り戻してきた。弦三郎は二人の無事を祈って別れ去ろうとした。忍は思わず弦三郎と接吻してしまうが、忍術に恋は禁物、お蔭で再び怒雷也の子分と甚内に見つかっても忍の術は利かずまたも捕えられてしまった。平助の苦心の術で忍は助かるが絵図面は甚内の手へ。その甚内を追って二人は江戸城へ急いだ。江戸城の中庭では家康が絵図面を待っていた。忍と平助は家康と春日局に、それぞれ変装、甚内からまんまと絵図面を奪い、立騒ぐ本物の家康を後に大阪城へと引上げた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。