日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

別れたっていいじゃないか
ワカレタッテイイジャナイカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年10月15日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
66分  

神戸一郎のヒットソングを織りこんだ歌謡映画。「白いジープのパトロール」の星川清司の脚本を、「嵐の講道館」の枝川弘が監督、石田博が撮影した。「都会という港」の川崎敬三、「不敵な男」の川上康子が主演するほか、神戸一郎が特別出演している。

スタッフ

製作
永田秀雅
企画
米田治
脚本
星川清司
監督
枝川弘
撮影
石田博
音楽
加藤三男
美術
後藤岱二郎
照明
田熊源太郎
録音
飛田喜美雄

ストーリー

カードの英公こと椎名英次は、カード賭博師、目下のところガソリン・スタンドに働いている。そのスタンドに、派手なオープンカーをつけたのが、恵子だった。今日は、英次が弟同様に可愛がっている一郎が初めて歌手として「スカイ」のステージに立つ日だ。、英次は「スカイ」へ行った。そこでグレン隊にからまれている恵子を救けてやった。が、生命だった右手を刺されて入院の始末。恵子が、よく見舞いに来た。彼はいつか快活で素直な恵子に惚れていた。避けようとしてももう駄目だ。そこで、恵子の父親の井本製薬社長に会うことになった。湖畔にある別荘に行った。そこで会った立派な青年は、彼女を愛しているらしい。英次は、物蔭から恵子と父親の会話を聞いているうちに逃げ出した。彼は決心したのだ。俺はやめたって。彼女をヤクザな世界にひきずりこめない。だが、恵子はあきらめない。アパートへ帰らない英次を探して、賭場までやって来た。そこで、ゆすりの大芝居。これを見て、恵子も英次に愛想をつかした。それから拳銃のどたばた騒ぎで、英次は右手をつぶした。これでもうカードは扱えない。彼はかたぎになれるのだ。一郎の歌が聞えてきた。--別れたっていいじゃないか、想い出があるじゃないか……。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。