日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年7月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

未練の波止場
ミレンノハトバ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年10月15日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
49分  

松山恵子のヒット・メロディを映画化した歌謡映画。松原佳成の脚本を、昇進第一回の松尾昭典が監督、「悪魔と天使の季節」の高村倉太郎が撮影した。「青い乳房」の二谷英明のほか、南寿美子・宍戸錠・菅井一郎、それに松山恵子が映画初出演している。

スタッフ

企画
浅田健三
原案
松浦健郎
脚本
松原佳成
監督
松尾昭典
撮影
高村倉太郎
音楽
真鍋理一郎
美術
千葉一彦
照明
大西美津男
録音
高橋三郎
編集
近藤光雄

ストーリー

街でふと知りあった秋子と建次は、二人で横浜にドライブに出かけた。夕陽の燃える浜辺で秋子は建次に抱きしめられた。彼女はあえぎながらいった。私は夫を探していると。秋子の夫英作は洋酒の闇ブローカーで、今までに何度も秋子を捨て、そのたびに秋子は夫の後を追った。しかし、今度は夫と別れるために、夫を探していたのだった。孤独な女と初めて愛を知った男は、その夜堅く結ばれた。建次は今までの浮草のような生活が嫌になった。しかし、親分の郷田は彼をはなさない。建次は何んとか秋子を幸せにしてやろうと思った。その頃、英作は郷田の情婦道子と駈け落ちの相談をしていた。建次はそれを知って、英作を殴りつけた。郷田の経営で建次がマネージャーをしているキャバレー「サンタフェ」に秋子がやって来た。建次は英作が死んだと偽って彼女に諦めさせようとした。想いをこめて踊る二人。秋子の肩をそっとたたいたのは、かって音楽学校での同級生で、キャバレーの歌手ケイ子だった。郷田は英作と道子の仲を知って、烈火のごとく怒った。ピストルを持って二人を追おうとしたのを建次が押止めて、自分で出かけて行った。それを追う秋子。英作の生きていることを知った秋子は、はじめて建次と生きようと決心した。建次は英作たちを逃してやった。郷田は建次の裏切りをしって、建次の後を追った。メガネ・トンネルで二人の車はぶつかった。建次のピストルの前に郷田は倒れた。建次は秋子に急用で香港に行くと、別れの電話をかけた。秋子は一緒に連れていってくれと頼んだ。そして、建次の手に手錠がかけられた頃、秋子は一人寂しく、港の岩壁を歩いていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。