日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

これが最後だ
コレガサイゴダ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年10月01日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
55分  

愛娘を誘拐された両親、その犯人を追う刑事、逃げのびようとする犯人、これらの窮地に追いつめられた人間の心理を描こうというドラマ。甲斐久尊のオリジナル・シナリオを、「知と愛の出発」の斎藤武市が監督、「西銀座駅前」の藤岡粂信が撮影した。新人の待田京介・木城ゆかりに、永井智雄・内藤武敏・山岡久乃らが出演している。

スタッフ

企画
水の江滝子
脚本
甲斐久尊
監督
斎藤武市
撮影
藤岡粂信
音楽
小杉太一郎
美術
大鶴泰弘
照明
吉田協佐
録音
福島信雅
編集
近藤光雄

ストーリー

島田家の愛娘・美佐子が幼稚園の帰途、誘拐されてしまった。高橋刑事らはただちに捜査本部を置き、取調べを始めた。が、犯人の手がかりは全くつかめなかった。--島田家の人々にとって憔悴の夜が明けた。高橋は島田の会社の金を使いこんで一年前止めた運転手・小谷も取調べたが、ただ否認するばかりだ。彼は小谷を釈放した。が、高橋には犯人は必ず島田家に連絡してくるという確信があった。--美佐子の母・古代は泣くばかりだった。犯人--深井慎二と名乗る男から、タイプした手紙が来た。子供は無事。警察に訴えると、子供の命を貰う。島田夫妻の心はグラつき、自分たちだけで探そうとしたが、高橋は許さず、極秘裡の連絡を頼んだ。夫妻は美佐子さん探しに五十万の懸賞をかけた。テレビやラジオでは、犯人に哀願した。夜十時に谷中墓地へ百万円持ってこいという怪電話があり、刑事が張込むと、ただの金とりの偽犯人だったりした。--深井からまた手紙が来た。明日、一本道のポストの前で六百万円のダイヤと引換えに子供を渡す。その日、島田が立った周囲には変装した刑事が張込んだ。しかし、犯人は現れなかった。深井は電信工夫を装って近くの電柱の上で、すべてを見ていたのだ。その失敗に古代は興奮して島田氏へ叫んだ。--あなたと警察が美佐子を殺したんです。が、美佐子は生きていた。電話で、“ママ”と呼んだのである。深井は情婦恵子とアパートの一室で美佐子を養っていた。一週間たち、深井は警察に知れずにダイヤを持ち出す手段をやっと思いついた。伝書鳩。美佐子の友達・松雄に鳩を持たせて島田家へやった。高橋は例の工夫がにせ物だということを知り、またその左手にホクロがあることを煙草屋から聞きこんでいた。島田は鳩にダイヤをつけて放した。高橋はパトカーに鳩を追わせたが途中で見失った。深井はダイヤを手に入れると、香港へ飛ぶ手配をした。子供を或る劇場の席に残し島田家へ連絡した。高橋は再び小谷を取調べた。島田のダイヤを知っている線からだ。すると、同じタクシーの運転手仲間の深井に、ダイヤの話をしたと言った。元電信工夫。高橋は小谷を釈放し、彼を尾行させ、その訪ねたアパートで深井と恵子を逮捕することができた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。