日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

野を駈ける少女
ヤヲカケルショウジョノヲカケルショウジョ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年09月19日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Farewell to Summer  
上映時間
72分  

田宮虎彦の同名小説を「青空よいつまでも」の楠田芳子が脚色した信州が舞台の青春物語。昇進第一回の井上和男が監督し、「花嫁の抵抗」の森田俊保が撮影した。「“噴水”より 抵抗する年令」の山本豊三、「花嫁の抵抗」の桑野みゆきをはじめ、望月優子・瞳麗子・北原隆・村瀬幸子などが出演。そのほか桜むつ子・左卜全などが助演している。

スタッフ

製作
長島豊次郎清水俊男
原作
田宮虎彦
脚色
楠田芳子
監督
井上和男
撮影
森田俊保
音楽
牧野由多可
美術
能谷正雄
照明
須藤清治
録音
栗田周十郎
編集
大沢しづ

ストーリー

信州の富士見高原--父を戦争で失くした野枝は、母のかずとの二人暮し。彼女の育った花生集落は封建色が強く、分家は本家に頭があがらない。その本家へ東京から勇という学生が避暑にやって来た。勇は駅で道を尋ねたのがきっかけで野枝と知りあった。本家はお婆のすえと手伝いの光子の二人。光子が実家に帰って野枝が手伝いに来た。すえは東京の孫達爾や綾子を呼んだ。勇は作爺が世話してくれる乗馬や、野枝がいるので毎日が楽しかった。村では野枝と隣の源一が似合いと思われていて、以前は将来二人が一緒になるものと決めていた。しかし、今では野枝は秘かに勇が好きになっていた。勇も同じだった。達爾と綾子が着いた日から盆踊りが始った。野枝は源一と出かけなければならなかった。勇や達爾が踊り場に来たとき、余興が始りアナウンスが勇に唄を強制した。他所者に対する意地悪だった。勇の困惑を、野枝が助けてやり舞台に上って歌を歌った。このことがすえの耳に入り、分家の者が本家のお客に気易く口をきくのをとがめた。かつて、達爾が源一の姉の秋子と間違いを起したこともあるので、すえは勇のことを心配した。すえはかずを呼んで野枝が勇に会うことを禁じた。野枝はなんとかして勇に会おうとしたが駄目だった。何日か過ぎて、野枝は勇が帰京するということを耳にした。悲しい気持で野枝は馬を走らせた。そして、勇に会った。勇は盆踊りの礼をいい、いつまでも野枝のことを忘れないといった。いつしか二人の目には涙が一杯になっていた。勇の帰る日、野枝は懸命に自分の気持をこらえた。しかし、とうとう野枝は我慢出来なくなった。息をはずませて山をかけのぼった。汽車は汽笛を鳴らしながら走って来る。野枝は声をかぎりに「勇さん、さようなら」と叫んだ。勇を乗せた汽車はだんだん遠去かっていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。