日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

俺は情婦を殺す
オレハオンナヲコロスオレハジョウフヲコロス

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年08月05日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
She is Mine  
上映時間
53分  

探偵倶楽部所載の萩原秀夫原作を映画化したアクション・ドラマ。脚色は井田探・柳瀬観が共同であたり、監督は「裸身の聖女」の野口博志、撮影は「血の岸壁」の松橋梅夫。出演は「野郎と黄金」の長門裕之、「裸身の聖女」の新人南風夕子・水島道太郎などである。

スタッフ

企画
浅田健三
原作
萩原秀夫
脚色
井田探柳瀬観
監督
野口博志
撮影
松橋梅夫
音楽
加藤光男
美術
坂口武玄
照明
高橋勇
録音
高橋三郎
編集
辻井正則

ストーリー

倉三親分の身代りに仲次は刑務所に入った。やがて出所した仲次は弟分の岡健から「親分がお前の女房を手ごめにした」と聞かされた倉三の家に向かった。「俺は何も知らない」と拳銃を構える倉三……乱闘にもつれた倉造の拳銃が偶発した。「次ぎは女房の礼だ」仲次は岡健にそう云って姿を消した。警察は容疑者として、伊吹仲次を指名手配した。仲次は情婦の玉枝の家に潜伏しているという情報に、警察が踏み込んだが仲次はいなかった。警察に追われる仲次は、岡健に金と拳銃を頼んできた。汽笛が流れる桟橋の上……岡健の使いの者から金と拳銃を受け取った仲次の後姿に、男の拳銃が火をはいた。仲次の体は海の中に消えた。そんな事を知らない捜査本部は「仲次は玉枝だけが唯一の味方だ。玉枝から目を離すな」玉枝の行く先々、劇場、デパート……に警察の目が光る。捜査陣が玉枝にふり廻わされくたくたの頃、玉枝は渋谷のあるホテルに入った。ホテルは警官によって包囲された。しかし現われたのは岡健であった。彼は仲次をだまして倉三を殺させ、その後は殺し屋を使って仲次を始末させたのだった。と玉枝の色仕掛けに岡健の口は軽かった。玉枝にせまる岡健。だが、うしろに仲次の無気味な声が、--「岡健、よくやってきたな。」右手に光る拳銃、……その時、拡声機から警官の声が伝わってきた。「仲次、二度と罪を犯してはならんぞ……」。仲次がひるんだとき、岡健は地下鉄のトンネルに飛びこんだ。そこには六〇〇ボルトのサードレールの死が待っていた。茫然と立ちつくす仲次に、礼子と子供がとびついて行った。それを淋しく見つめる玉枝の目に、涙が光った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。