日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

昨日は昨日今日は今日
キノウハキノウキョウハキョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年08月17日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

赤線を飛び出した二人の女性の人生旅行を描こうというもので、大林清の原作を、中沢信が脚色、「大岡政談 謎の逢びき」の福田晴一が監督した。撮影は太田喜晴。「大岡政談 謎の逢びき」の瑳峨三智子・北上弥太朗、「青空よいつまでも」の朝丘雪路、「花嫁の抵抗」の渡辺文雄をはじめ、幾野道子・関千恵子・渡辺篤・須賀不二夫・里見京子らが出演。

スタッフ

製作
杉山茂樹
原作
大林清
脚色
中沢信
監督
福田晴一
撮影
太田喜晴
音楽
池田正義
美術
川村芳久
照明
村田政雄
録音
高橋太朗
編集
野村政七

ストーリー

赤線の灯は消えた? 吉原で働いていた富子は友達の千世子を連れて、故郷淡路島へ帰った。彼女らを村人たちはただ好奇の目で迎えた。富子の幼馴染み・保は彼女を好きになった。村人たちは彼女らが吉原にいたことをはやしたてた。富子は弟妹たちのために学校に十万円を寄附した。が不浄の金とつっかえされた。富子は保から求婚されるが、もう少し待ってと言う。彼女の気持の整理が出来てからと。富子の祖母・らくは彼女に保との結婚をすすめた。らくだけが彼女を理解し、愛してくれる。保は自衛隊帰りの男で、村のバスの運転手をしている。保は彼女をかばい、村の青年たちと乱闘した。村の名士・太田が富子にいどむ。こばむと、村にいられなくしてやると言った。--富子は千世子と共に村を離れた。京都で、二人はかつての同僚・光代を探した。おでん屋を経営しているはずだ。競輪場で、二人が仲間ゲンカをしていると、見物人の中に光代がいた。彼女はおでん屋を買うはずの金を、競輪につぎこんでいた……。二人はそれから有馬へ行った。千世子のかつての馴染み・月村に逢うためだ。が、有馬ホテルの若主人のはずの彼は、そのホテルの近くにいる街頭写真屋だった。月村は本当のことをいえなかったのを詑びた。千世子は怒り、富子をせかして大阪へ行く。大阪のロカビリー喫茶で、二人は水着一枚で働く元同僚・月代にあった。彼女は年下の男と同せいし、そのうち金持のおじいちゃんと結婚するつもりだと言った。神戸で、二人は伊勢春ホテルで働く恵美子にあった。これもかつての同僚。彼女には土地のやくざ・田島のヒモがついていた。二人はその愛人辺見に力を貸し、彼女を救わせようとした。辺見は田島らに襲われ、もみあううち、田島を刺した。彼は自首して出、二人は残された恵美子のために、そくばくの金を置いて神戸を発った。一人は有馬の月村のもとへ、一人は淡路島の保のもとをめざして。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。