日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

強奪された拳銃
ゴウダツサレタケンジュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年08月17日 
製作会社
日米映画NTV 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
38分  

日米映画が、警視庁と協力して製作する犯罪捜査シリーズの第六篇。オール読物所載樫原一郎の原作を、高橋二三が脚色、木元健太が監督した。撮影は、「犯罪地帯を捜せ」の井上莞。出演は左京路子・国方伝・三村俊夫・三島謙など。

スタッフ

製作
池田一夫
原作
樫原一郎
脚色
高橋二三
監督
木元健太
撮影
村上莞
音楽
吉野達弥
照明
高橋壱雄
録音
清島竹彦

ストーリー

連続拳銃強盗として指名手配中の横川三吉が殺された。そして、携帯の拳銃と実弾五発を強奪された。辺見刑事は特捜班の一人として犯人追求に乗り出した。ある日、彼はスリ犯として補えた山手の口から、横川殺しのホンの情報を受けた。「あいつの内懐に手を入れた時、この手に触れたのが横川の兄貴の拳銃だったんでさあ」山手は十年前浮浪児だったのを、横川に拾いあげられたのである。彼は自分で仇を取ろうというのだ。--その夜、またコロシがあった。被害者は山手だった。彼の所持品は一枚の預札だった。焼鳥屋の親爺がゼニ入れに使用している小ザルの中に、それと同じ預札を辺見は見つけた。山手の宿泊所から出て来た遺品の中で、手がかりになるようなのは“小菅町・日の出食堂”のマッチ箱だけだった。食堂の娘の言から、辺見は小菅刑務所で長沢に面会した。長沢は、ホシは金城だと言った。金城とは、六年前に人身売買と婦女暴行罪、恐喝罪で逮捕され、一週間前に出獄したばかりの男だ。そして、苦心の挙句女給の口からダンサー・キミ子が金城の内妻であることを辺見は聞きこんだ。始めは金城の居所を教えなかったがキミ子も、やがて協力し、金城は逮捕された。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました