日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

海女の岩礁
アマノガンショウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年08月05日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
The Diver  
上映時間
82分  

筑波久子が海女に扮してその肢体をお目にかけようという娯楽篇で、直居欽哉・佐治乾の共同脚本を、「あン時ゃどしゃ降り」の森永健次郎が監督、「大阪娘と野郎ども」の山崎安一郎が撮影した。出演は「裸身の聖女」の筑波久子・青山恭二、「チャンチキおけさ」の香月美奈子・二谷英明など。

スタッフ

企画
芦田正蔵
脚本
直居欽哉佐治乾
監督
森永健次郎
撮影
山崎安一郎
音楽
村山芳男
美術
西亥一郎
照明
河野愛三
録音
八木多木之助
編集
中村正

ストーリー

浜一番の腕のいい海女アキは、野性的な女だった。彼女は港の実力者である伯父の源兵衛の下で働くたくましい若者、定男を一途に愛していた。ある日、アキが仕事を終って帰ると、東京に行って女優をやっていたという幼友達の雅枝がたずねてきて、ワケあって帰郷したが、暫く家においてくれという。見違えるように美しくなった彼女を羨望の目で見ながら、アキは承知した。アキから、定男を恋していることを聞いて、雅枝の心理は複雑だった。何故なら、四年前に雅枝は定男と恋し合っていたが、長男で家を継がねばならぬ彼に裏切られて、一人東京に出た身だったから。翌日、出漁していた定男達が帰ってきた。肌もあらわな服装の雅枝の、燃えあがるまなざしに、定男も心をひかれたようだった。雅枝は海女になった。何事かを忘れようとするように、彼女は一所懸命働いた。そんなある日、東京から雅枝を追ってヤクザの藤田がやってきた。彼は、実はヌード・ダンサーをやっていた雅枝のヒモだったのだ。いやがる雅枝を呼んで復縁を迫る藤田を、定男が一撃を与えて倒した。雅枝と定男は月光の下で抱き合った。祭の日。呼び物の海女対抗障碍競走で、優勝したアキは、喜んでもらおうと定男を探したが、雅枝と会っている彼を見つけて、雅枝と大乱闘を演じた。その日から、藤田や浜の人々の迫害のなかで、雅枝は定男の家に移った。その頃、藤田の仲間の橋本と松が強盗を犯して追われ、東京からやって来た。高飛びの資金をつくるために、彼らは源兵衛の金庫を狙った。定男が彼らに襲われ、腕を刺された。が、彼は警察に届けなかった。雅枝を係り合いにしたくなかったのだ。三人組は高飛びを急ぎ、その夜アキの家を襲って金を奪った。藤田は雅枝を脅し、彼女を連れて船で逃げた。定男は若者達を、アキは海女達を連れてあとを追った。雅枝はスキを見て三人組の船をてん覆させ、藤田と松を溺れさせた。が、橋本は定男を拳銃で狙い、かばったアキは、定男と雅枝に見とられて死んだ。--アキの言い残したとおり、二人は平和に暮して行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/08/27]

映画情報を61件更新しました。

[2020/08/04]

映画情報を100件更新しました。

[2020/07/27]

映画情報を62件更新しました。