日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

恐怖の対決
キョウフノタイケツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年07月20日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
97分  

悪に対決する兄弟愛を、格闘と恐怖のサスペンスの中に描こうというアクション・ドラマ。馬場当・富田義朗の共同脚本を、「その手にのるな」のコンビ岩間鶴夫が監督、小杉正雄が撮影した。出演は「続禁男の砂」の大木実、「夜の波紋」の杉田弘子に、有沢正子・清川新吾・佐竹明夫ら。

スタッフ

製作
長島豊次郎
脚本
馬場当富田義朗
監督
岩間鶴夫
撮影
小杉正雄
音楽
加藤三雄
美術
梅田千代夫
照明
高下享三
録音
小尾幸魚
編集
杉原よし

ストーリー

元ボクサー川崎五郎は刑務所から出てきた。帰ってみると弟の文雄はジムに通ってボクサーになろうとしていた。勤め先が給料を払わぬ代りにと、タイヤを持ち出し売りさばき警察にショッ引かれた。五郎は彼を迎えに行ったが、彼は恋人の文枝と二人でやって行く、かまわないでくれと家出してしまった。兄の気持が判らずただ反感を持っていた。五郎は刑務所で知り合った牧野伝からの言づてを、彼の情婦小田切夏子に知らせた。彼女はお好み焼き屋“鉄板”を経営し、かつての五郎のファンだった。五郎は八百長に耐えきれず相手をKOし、リングの黒幕たちに襲われ、傷害罪で入所したのだった……。五郎は夏子の世話で、海岸倉庫の守衛になった。鉄板で五郎は光枝と顔を合わせた。彼女はバスガールだが、文雄にかくして鉄板のコールガールになっていたのだ。文雄と自分のために方法を選ばなかった。刑を終えた伝が出所してきた。彼は暗黒街のボスだった。光枝が五郎の弟の恋人と知ると、文雄のパトロンになった。文雄はボクサーになって金を握り、自動車修理工場を持とうと夢見ていた。五郎は伝のパトロンを断れと弟に迫った。乱闘になり、文雄は兄にKOされた。光枝から文雄の夢を知らされ、五郎は兄に任せろと云った。その夜彼の倉庫が伝の一味に襲われたが、彼らは失敗した。五郎は弟のためにファイト・マネーを得ようとリングへのカムバックを決意した。が、彼は晴れの試合に相手にKOされた。しかし、夏子の援助で文雄は店を開くことができた。が、五郎の出場について伝が骨を折り、それを種に信用組合襲撃を持ちかけてきた。五郎は断った。「今夜九時に鉄板に来い。女のことで話をつけたい」伝はそういい残した。その夜、伝たちを警官達が待ち構えていた。五郎の裏切りか? 伝は報復に文雄の家に押し入った。その頃、鉄板で五郎は夏子から慕情を告げられた。一緒に逃げて警察へ知らせたのは彼女だった。伝に脅されて光枝が呼び出しの電話をかけてきた。文雄はひそかに警察へ知らせようとし、伝に射たれたが、光枝が体でさえぎり、倒れた。許して。文雄は彼女がコールガールをしたことを怒っていたのだ。文雄は伝と闘う。そのとき五郎が着き、乱闘が続く。夏子が拳銃で伝を倒し、自分も撃たれて死んだ。--文雄と五郎は仲良く店を守った。光枝は怪我ですんだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。