日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年01月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

裸身の聖女
ラシンノセイジョハダカノセイジョ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年07月13日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

売春組織の実態と、その中で清く生きようと努力する男女の姿を描こうというもの。脚本はこの作を執筆中に急死した陶山鉄の遺稿を、柳沢類寿が完成したもので、「地獄の罠」の野口博志が監督した。撮影も「地獄の罠」の永塚一栄。出演は「地獄の罠」の筑波久子、「血の岸壁」の水島道太郎、「あン時ゃどしゃ降り」の青山恭二に、新人・南風夕子。

スタッフ

企画
岩井金男
原案
清水正二郎
脚本
陶山鉄柳沢類寿
監督
野口博志
撮影
永塚一栄
音楽
鏑木創
美術
大鶴泰弘
照明
高橋勇
録音
高橋三郎
編集
辻井正則

ストーリー

加奈子は東京の生活に破れ、淋しく高原の故郷に帰って来た。幼な友達比佐子に会ったのは彼女が修道女として、北海道に旅立つ日だった。高原の静寂を破って、荒々しい男たちがやって来た。彼らは加奈子を元の商売に引戻そうと、東京からやって来た本木、杉田、健であった。嫌がる加奈子と比佐子を道連れに、むりやりに車に監禁して、深夜の道を東京へと急いだ。エンジンの故障で車が停った。比佐子はそばの小屋に押し込められた。神に祈りつづける比佐子に、健がおどりかかった。必死の抵抗の後、すきをみて逃げだしたが、崖ぷちに追いつめられ絶体絶命。激しくもみあううちに、比佐子は健を谷底へ突き落してしまった。先を急ぐ本木たちは、健を見捨てて東京へ戻った。比佐子たちが連れこまれたのは「青葉寮」だった。ここは洋裁学校などの女子寮と、表面上はなっていたが、実は売春を目的とした大がかりな白線組織だった。比佐子はボスの本木の前に引きだされた。彼女の素晴しい肉体に、本木は上機嫌で杉田に見張を命じた。聖衣を脱いだ比佐子は、見違えるばかりの美しさで組織に出入りする男たちをひきつけた。比佐子はこの汚れた生活にじっと堪えた。自分の身を汚すことで、殺した健への罪を償おうとした。やがて比佐子の体を売らねばならぬ日が来た。杉田に連れられて箱根に行った。しかし、そこには取締官の水野がいて、二人は東京に引返えした。二人は無事を喜びあい、いつしか互に愛情を感じはじめ、この社会から逃げだそうと誓った。ある日、死んだ筈の健が戻って来た。比佐子は自分の無罪を警察にとどけようとして、杉田に相談した。健は二人の計画をかぎつけ、二人を地下室に監禁した。激しい警察の追求に組織は解散することになり、女たちをセリ売りすることになった。興奮と嬌声の室内に、突如として警官隊がなだれこんだ。混乱に乗じて杉田と比佐子は逃げようとした。が、その前に本木の拳銃が立ちふさがった。危機一発、水野警部の拳銃は一瞬早く本木を倒した。しかし本木の拳銃に比佐子は傷ついた。胸の十字架を杉田に渡し、再会を誓って病院に送られていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/01/27]

映画情報を39件更新しました。

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。