日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大岡政談 謎の逢びき
オオオカセイダンナゾノアイビキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年07月13日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

「二等兵物語」の福田晴一が監督したスリラー時代喜劇。「天保水滸伝」の脚本化に参加した本山大生と、「どろんこ天国」の共同脚色者の一人、富田義朗が共同でこの脚本を書いた。撮影は「二等兵物語」で福田とコンビの片岡清。主演は「現代無宿」の森美樹、「天保水滸伝」の瑳峨三智子、「清水の佐太郎」の北上弥太朗、「江戸群盗傳」の名和宏など。それに松本幸四郎が出演しているが、同じ歌舞伎の沢村訥升は映画初出演という。ほかに、山鳩くるみ・水原真知子などが助演。

スタッフ

製作
杉山茂樹小糸章
脚本
富田義朗本山大生
監督
福田晴一
撮影
片岡清
音楽
原六朗
美術
川村鬼世志
照明
仙波正己
録音
高橋太朗
編集
野村政七

ストーリー

--江戸の材木問屋三国屋は同業の伊勢屋の娘お糸にかねてから勘定奉行佐竹刑部が執心しているのを知り、その仲を御用林の伐採許可とひきかえにとりもとうとするが、伊勢屋はきっぱりと断った。お糸は父の苦境を察し、相愛の髪結い伊之吉と駈け落ちを計るが、昔ひとを傷つけて島送りの前科がある伊之吉はお糸をあきらめようと承知しない。江戸の名物駕篭屋、粋でいなせな加助と吾平は、仕事の帰途、伊勢屋の裏口で何者かに殺された伊勢屋の死体を見つけた。その場に伊之吉が呆然と立っていたが、二人の姿を見るとあわてて逃げだした。居酒屋だるまの女中お縫にかくまわれた伊之吉は姉のお新や加助、吾平らに会ってあの夜の真相を語った。駈け落ちしようというお糸を止めようと裏口へ行ったとき、伊勢屋の死体が倒れかかったというのだ。--大岡越前守は配下石子伴作を使って犯人を探そうとしていた。加助、吾平は伊勢屋の番頭惣七を尾行するうち、隠亡小屋の近くで見失った。数刻後、彼は死体となり、そのあたりに頬に傷跡のある遊び人風の男を見た。それを越前守に注進に行くと、越前は伊之吉を下手人として捕えてい、数日後すでに処刑というふれが町中に出た。お糸は自害を計るが果さず、真犯人を探しだそうと決心した。刑部の用人孫兵衛は彼女を刑部に嫁がそうとした。加助、吾平は越前の無能をののしり、必死に先夜の男宗次郎を探した。彼は刑部の部下に襲われ、川に落ちた。お糸は刑部の内情を探ろうと、自から進んで彼に嫁した。婚礼の夜、宗次郎が現われたが、孫兵衛から殺され、加助、吾平は縛られてしまう。そのとき邸に潜んでいた伴作の報らせで、越前守が到着し、悪人どもを縛った。--白洲で、大岡の名裁量は鮮かだった。刑部、三国屋の悪業は明らかとなった。伊之吉は処刑されずに生きていた。彼が生き証人として悪人に狙われていたのを防ぐ処置だったのである。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。