日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

あン時ゃどしゃ降り
アントキャドシャブリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年06月29日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
53分  

平野和博の原作を、「死の壁の脱出」の共同脚本の執筆者西島大が脚色、「美しき不良少女」の森永健次郎が監督、「暗黒街の美女」の中尾利太郎が撮影した日活の歌謡映画シリーズ作品。主演は「明日は明日の風が吹く」の青山恭二、「盗まれた欲情」の香月美奈子、歌手の春日八郎。

スタッフ

企画
茂木了次
原作
平野和博
脚色
西島大
監督
森永健次郎
撮影
中尾利太郎
音楽
村山芳男
美術
柳生一夫
照明
高島正博
録音
八木多木之助
編集
中村正

ストーリー

あン時ゃどしゃ降りの夜だった。タクシーの運転手剛は、びしょ濡れになり高熱に浮かされて歩いている女を見かけ、病院に送りこんでやった。女は圭子といった。二人は片親だけという共通の身の上もあって、次第に親密となった。日暮れて、圭子を家まで送っていった剛は、その標札を見て愕然とした。西村修作--それは剛の暗い過去につながる名前である。数年前、ふとした身のあやまちから、西村刑事によって手錠をかけられたのだ。同じ運転手仲間の八郎は、酒に苦悶をまぎらす剛の姿をみかね、西村の許を訪れた。そして、二人を一緒にしてやって欲しいと頼んだ。が、西村の返事は冷かった。圭子には、親同士が結婚させようとしている浩二という青年もいた。呑みつぶれる剛の耳に、昔仲間の与太者秀が現金強奪の仕事に片腕を貸せと囁いた。自暴自棄になった剛は、その誘いに応じた。翌日、剛の挙動がおかしい、と思った八郎はひそかにその後を尾行した。剛と秀は、現金入りの鞄を持って出た小使の後を追った。秀が老人の手から鞄を奪い取った。ところが意外にも、次の瞬間、剛が秀に飛びかかった。一瞬、八郎がとび出した。前もって剛から電話で知らされた西村刑事が駈けつけたのは間もなくだった。数日後、圭子は浩二の許に嫁いで行くことになった。遠ざかり行く船を、剛は物蔭から見送った。と、しょんぼり帰りかける彼の前に、去ったはずの圭子が駈け寄った。抱き合う二人に、西村が傘をさしかけた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました