日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

お笑い三人組
オワライサンニングミ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年06月10日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
The Jolly Trio  
上映時間
52分  

NHK・TVの人気番組名和青朗原案の「お笑い三人組」の映画化。脚本は鈴樹三千夫、監督は「少女と風船」の吉村廉、撮影は同じく「少女と風船」の峰重義。出演は江戸家猫八、一竜斎貞鳳、三遊亭小金馬のお馴染三人組を中心に、柳沢真一、天路圭子、稲垣美穂子、藤田安男など。

スタッフ

企画
水の江滝子
原案
名和青朗
脚本
鈴樹三千夫
監督
吉村廉
撮影
峰重義
音楽
土橋啓二
美術
西玄一郎
照明
三尾三郎
録音
古山恒夫
編集
中村正

ストーリー

あまから横丁の住人で揃いも揃って間抜けのお人好し--パン屋の六さん、保険外交員の良夫さん、酒屋の金ちゃんの三人に、警察から呼び出しがかかった。おそるおそる出頭した三人に、係員が手渡したのは、六つ位の男の子紋太である。首に吊した荷札によると、紋太は大財閥の御曹子なのだが、故あって一カ月、ひそかに他人に預って貰いたい、ついては人情篤志家で名高き三人組に是非、というのである。お礼はたっぷり、と聞いて、三人は紋太を連れて帰った。ところが、この紋太すこぶるつきの腕白小僧だった。それに、シャンペンをラッパ飲みして酔っぱらい、喋るところによると、大財閥の御曹子とは真赤なウソであった。紋太の姉サチ子は貧乏劇団の歌手で、子供の時別れた母を探しに九州へ行っている、というのだ。一パイくわされたと怒った三人は、紋太を捨てることにした。が、どこに捨てても紋太は、タクシーで帰って来てしまう。三人は、さんざん手こずりながらも、紋太に愛情を感じ始めるようになっていた。折も折、南米に行っている紋太のおじいさんが莫大な遺産を残して死んだという通知が舞いこんで、形勢は逆転した。と、紋太の母親と称する女性や、親戚と称する連中がワンサと押しかけ、三人はその整理に眼を白黒。そのスキに、紋太が誘拐されたのである。たまたま金をゆすりに来た悪漢を尾行、三人組はやんちゃな紋太にすっかり顎を出している悪漢を捕えた。思いがけぬ財産を得、幸福をつかんだ姉弟は、喜びのうちに抱き合ったというわけだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。