日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

無鉄砲一代
ムテッポウイチダイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年07月27日 
製作会社
歌舞伎座プロ 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

中山正男の原作による、北海道の自然を背景としたラヴ・ストーリー。脚色は水上伸男、監督は久方振りに志村敏夫、撮影は植松永吉。主演は「結婚のすべて」の三橋達也に「夜の波紋」の杉田弘子。これをたすけて菅井一郎、上田吉二郎、若水ヤエ子、小杉義男など。

スタッフ

製作
加賀二郎箕浦甚吾
企画
中野繁雄
原作
中山正男
脚色
水上伸郎
監督
志村敏夫
撮影
植松永吉
音楽
江口夜詩
美術
久保一雄
照明
平田光治
録音
中野倫治
編集
金子半三郎

ストーリー

“疾風の仙”と異名をとった馬喰の仙太郎は、学令期を迎えた一子正太のために、長年の放浪生活に終止符をうとうと思った。友人の馬車屋、辰吉夫婦の住む佐呂間集落へ向った。途中の渡し場で、暴漢に襲われていた女、お新を救った。佐呂間のめし屋「あさひ軒」でめしを食い、さて勘定となったとき、彼は自分が無一物であることに気づいた。先刻お新に財布ぐるみくれてやったのだ。い合わせたお新が金を返そうとすると、つっかえされた。“一旦やったのを、男が……”彼はそんな男である。店の主人、ハッカの金六が喰い逃げとあざけったので、彼は暴れだしたが、辰吉が駈けつけ、収った。--仙太郎は乗合馬車の馭者となり、お新は「あさひ軒」に勤めることになった。お新は彼の粗野だが素朴な天衣無縫なところに惹かれた。正太の入学式の日、仙太郎は先生が子供のために欲しがったオルガンを買う約束を子供たちの前でしてしまった。仙太郎は草競馬に出て、その賞金をオルガンの費用にあてようとするが、肝心の馬が金六に取られていた。奴のインチキ賭博に負けたかたなのだった。お新は見かねて彼女にホの字の金六を甘言でつりひそかに彼の馬を取り房してやった。競馬で、仙太郎は金六側の妨害もものかはみごとに一等になった。オルガンが着くのを集落総出で歓迎した。お新はひとり嬉し涙にくれた。海千山千のお新が。正太が池に落ちたとき、彼女は親身に看病した。仙太郎はそういうお新に強く惹かれたが、つい手荒なことを言ってしまう。お新は自分の心が通じないのだと思った。正太は彼女を母と慕った。学校の作文にもそう書いた。お新は泣いて喜ぶ。仙太も心を強くゆすぶられ、彼女にやっと正太の母になってくれと頼んだ。彼が仕事に出たあと、分教場を兇悪な三人の脱獄囚が襲った。学童を三人人質にとり、その中に正太がいた。彼を救おうとしたお新も捕ってしまう。辰吉の知らせで、仙太郎は集落へ馬車を飛ばした。彼は銃弾をくぐり抜けて分教場へ殺到し、激斗の末、彼らを村人と駈けつけた巡査の手に渡した。--今日も、子供たちのうたごえがオルガンの音と共に響いた。お新は格闘に傷を受けた仙太郎をいたわりながら、しみじみそれを聞いた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。