日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

アンコなぜ泣く
アンコナゼナク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年05月27日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Why Cry  
上映時間
54分  

「美しい庵主さん」の共同脚色者窪田篤人のシナリオを、「どうせひろった恋だもの」の関喜誉仁が監督、「お月さん今晩わ」の間宮義雄が撮影した歌謡映画。「お月さん今晩わ」の藤島恒夫のほか、牧真介、美多川光子、東谷暎子といった顔ぶれ。

スタッフ

企画
芦田正蔵
脚本
窪田篤人
監督
関喜誉仁
撮影
間宮義雄
音楽
飯田景応
美術
柳生一夫
照明
岩木保夫
録音
米津次男
編集
近藤光雄

ストーリー

大島空港に降り立ったパイロット藤村は、出迎えのアンコたちの中に、親友今田一郎の妹綾子の姿を見出した。が、綾子は田沼という男を小柳旅館に案内するからと藤村の誘いを断った。綾子と小柳旅館の息子英次とは、親の定めた許婚者同士だった。一郎は綾子に対する藤村の気持を知っていたが、妹は親の決めた通り小柳家へ嫁ぐのが幸福だと考えていた。ちょうどその頃、大島に兇悪殺人犯人が潜入したという情報が入り、警察が行動を開始した。ある日、藤村は整備員から英次と島の資産家の娘春江が岩場で抱き合っていたということを聞き、一郎に忠告した。しかし、一郎は藤村の言葉を聞かず、かえって藤村をののしった。が、噂は真実だった。綾子は英次の部屋で、彼と春江が抱擁している現場を見てしまった。その夜、綾子から英次の裏切りを知った一郎が英次の家へ行くと、彼は田沼や春江と酒を呑みながら、田沼の高飛びの相談をしていた。田沼は指名手配中の殺人犯だった。憤激した一郎は、ビールビンの一打で英次を倒した。そして、拳銃を持つ田沼に追われて三原山に逃げた。ただちに捜索隊が二人を追って三原山に急行した。だが、二人の足跡は判らなかった。藤村はセスナ機をかって、綾子とともに拡声機で山中の一郎に呼びかけた。その頃、二人は断崖で向い合っていた。遂に一郎は銃弾を受け断崖から転落したが、その銃声で田沼は逮捕された。数日後、傷の癒えた一郎が働いている橘丸の上空を、藤村と綾子を乗せたセナス機が飛んで行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。