日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ちゃっきり金太
チャッキリキンタ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年06月02日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
72分  

山本嘉次郎の原作・脚本を、「お笑い夫婦読本」の青柳信雄が監督、「無法松の一生(1958)」の山田一夫が撮影したコメディ。主演は「太鼓たゝいて笛吹いて」の三木のり平、有島一郎、「東京の休日(1958)」の扇千景、「弥次喜多道中記」の中田康子。

スタッフ

製作
宇佐美仁
原作
山本嘉次郎
脚本
山本嘉次郎
監督
青柳信雄
撮影
山田一夫
音楽
松井八郎
美術
北猛夫
照明
西川鶴三
録音
上原正直

ストーリー

現代でもない、未来でもない、百年前のおはなし。封建政治はヨロメキの寸前であった。腰抜け侍どもが昼はロカビリー夜はグラマーと、国を忘れた気違い暮しを続けていた。その風潮へレジスタンスと、ちゃっきり金太は、浅草の六花美麗(ろかびりい)大会で熱狂する侍どもの巾着を抜いていた。彼につきまとうのは、岡っ引倉吉である。長年つきあっている故か情が移っている。金太の根城は上州屋という飲み屋。長兵衛は彼の支援者だ。娘のおつうに、金太はホの字である。彼女はグラマーおこんを金太のことでやいている。金太がスッた薩摩の侍の財布から、妙な書きつけが出てきた。老中の汚職のことが書いてあるメモである。グラマーおこんもこれを狙っていた。金太は薩摩の侍につけ廻され、命が危くなり、メモを長兵衛にあずけると、旅に出た。倉吉も一緒に。ある旅篭で、近藤勇と称する男が、女旅芸人おすみの連れている娘を手ごめにしようとした。金太らが助けようとした。大騒ぎになっている間、旅宿のお客たちの財布がみんななくなった。近藤勇(?)とおすみらはグルであり、一芝居打って、その間に盗んだのだ。倉吉は金太を連れて彼らを追う。次の宿でおすみらが一芝居打ったとき、金太は客の財布をぜんぶ出してやった。手品の大先生ということになった。グラマーのおこんもメモを求めてやってきた。その助けで、金太らは薩摩の追手を一度は逃れたが、さて、二人の運命やいかに、というわけである。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。