日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

羽田発7時50分
ハネダハツヒチジゴジュップン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年04月29日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Flight Time 7:50  
上映時間
59分  

平凡別冊所載の佐藤邦夫の原作を、「夜霧の第二国道」の山崎巖が脚色、「錆びたナイフ」の舛田利雄が監督、「どうせひろった恋だもの」の藤岡粂信が撮影した歌謡映画。出演は「悪魔の爪痕」の岡田眞澄、「霧の中の男」の二谷英明、白木マリ、「夜霧の第二国道」のフランク・永井、それに丘野美子ら。

スタッフ

製作
茂木了次
原作
佐藤邦夫
脚色
山崎巖
監督
舛田利雄
撮影
藤岡粂信
音楽
山本直純
美術
坂口武玄
照明
高島正博
録音
宮永晋
編集
近藤光雄

ストーリー

日東自動車のテスト・ドライバー馬場は、マニラのハイウェイドライブに夢を馳せている男である。ドライバー佐野がマニラへ発った夜は、同じアパートに住む武蔵自動車のテスト・ドライバー瀬川の妹久美を相手に踊り、佐野への羨望をまぎらわしていた。翌日、新型スポーツカーのスピードテストが馬場の同僚永井によって行なわれた。が、満足なメーターが出ないのを見た馬場は、記録員の夏子を助手台にのせると、ロードテストを始めた。箱根にさしかかった頃、瀬川のスポーツカーを見つけた。かくて、白昼スピードに命をかける二人の男の争いとなった。馬場が勝った。だが、瀬川の記録員をまじえた四人の男の暴行に打ちのめされた。間もなく、佐野がマこラで事故死したという知らせが入った。しかし、課長に呼ばれたのは永井だった。武蔵自動車でも、瀬川をマニラに派遣することになった。ジャズ喫茶で、瀬川に会った馬場は、もう一度勝負を挑んだ。当日、馬場と瀬川の二台のスポーツカーが全速力で江の島の高速道路を疾走して行く。馬場は後部車輪が故障していることを知らなかった。永井が、馬場に故障箇所を知らせるために江の島にとんだ。馬場の車が瀬川に追いこまれるのを見た永井は、力一杯アクセルを踏み、馬場の行手をさえぎるように横すべりして急停車した。馬場の車の後部車輪からは白煙が吹きあげ始めた。永井の友情で馬場は助かった。おのれの非を悟った馬場に、課長は永井に代ってマニラ行きを命令した。馬場と瀬川は夜の羽田空港から、永井の友情、久美の愛情に励まされながら雄躍飛びたった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。