日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

楠公二代誠忠録
クスノキコウニダイセイチュウロク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年03月14日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
36分  

須田栄三と三村浩二共同のオリジナル・シナリオを、昇進第一回の小野田正彦が監督、「女王蜂(1958)」の西本正が撮影した歴史もの。正行に「色競べ五人女」の和田桂之助、正成に「関八州喧嘩陣」の若山富三郎。ほかに木暮実千代、北沢典子、中村彰というキャスト、色彩はイーストマンカラー。

スタッフ

製作
大蔵貢
脚本
須田栄三三村浩二
監督
小野田正彦
撮影
西本正
音楽
鴎比呂志
美術
朝生治男
照明
秋山清幸
録音
沢田一郎

ストーリー

延元元年、足利尊氏は九州で再び兵を挙げ、京の都に攻め入ろうとした。これに対し、楠正成は一たん都を尊氏勢に渡し、戦備を整えてから雌雄を決しようと考えた。が、これは公卿たちによって退けられ、やむなく湊川へ兵を進めることになった。桜井の駅のはずれ、正成の軍勢が小休止しているところへ、兵庫の新田義貞から援軍を求める急使がやってきた。正成は十一歳の正行を母の許に返し、出陣した。勿論、足利の大軍には敵すべくもなく正成は湊川の戦で最後を遂げた。報せを聞いた正行は父の形見の短刀を取出した。鞘をとり逆手に構えた瞬間母が飛び出して彼をさとした。それから十年の時が流れて--後村上天皇の御代となり、諸国に散在する勤皇の士は相呼応して立上った。すでに二十一歳となった正行は、許婚と三々九度の盃をかわし、弟正時、一族の者たちと戦場へ向った。が、彼らも四条畷の決戦であえない最後を遂げた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました