日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

どうせ拾った恋だもの
ドウセヒロッタコイダモノ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年04月01日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Love by Chance  
上映時間
53分  

「十代の恋よさようなら」の西島大の脚本を、新人関喜誉仁が監督し、「永遠に答えず (完結篇)」の藤岡粂信が撮影した歌謡映画。コロンビア・ローズが主演するほか、「美しき不良少女」の香月美奈子、「錆びたナイフ」の安井昌二、その他、千葉麗子、久松晃などが出演している。

スタッフ

製作
茂木了次
脚本
西島大
監督
関喜誉仁
撮影
藤岡粂信
音楽
船村徹
美術
柳生一夫
照明
安藤真之助
録音
八木多木之助
編集
近藤光雄

ストーリー

ある夜、高野病院にヤクザの伸次が、弟分の哲に助けられながら転りこんできた。医師の秋山も婦長ののぶも不在で、看護婦の道子の応急処置の甲斐もなく、病人は息絶えた。翌日、秋山はそのことで元気のない道子をなぐさめた。彼は高野院長の世話で大学を卒業し、将来は一人娘の佳代子と結婚して、病院を継ぐことになっていた。しかし彼の心は道子にひかれていた。病院には道子の他に、歌の好きな正代や見習の幸子がいた。のぶは年下の学生北村と不倫の関係を持ち、彼の愛を金でつなぎとめるため、職責を利用して、ブローカー大竹と共謀し、悪質な薬品を仕入れ、利ザヤを稼いでいた。秋山は二人の取引を知り、伸次の死因も粗悪な薬品のせいではないかと疑った。のぶは責任は道子にあると主張し、秋山と道子のことを佳代子に告げ口した。ある日のこと、ヤクザの哲がかつての伸次の情婦であった頃の道子の写真を持ってユスリにやって来た。のぶは道子が自分の素性を知られるのを恐れて、伸次を殺したのだといった。一人秋山は問題の解決に苦しんだ。道子はすべてをあきらめて病院を去った。秋山はすべてを清算して、東北の診療所に就職することにした。出発前に秋山をたずねた正代の口から、道子の真情をしった秋山は、ダンサーになった道子をたずねたが、秋山の将来を思う彼女は、彼を追いかえしてしまった。その帰途、偶然にのぶと哲の取引をみつけ、すべてはのぶの悪計であったことを知った。寂しく旅立つ秋山の前に、正代らの激励で、新しい希望にもえる道子が立っていた。幸福な二人をのせた汽車は、北の国を目指して出発した。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。