日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

お父さんはお人好し 花嫁善哉
オトウサンハオヒトヨシハナヨメゼンザイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年03月12日 
製作会社
宝塚映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
62分  

「お父さんはお人好し 家に五男七女あり」の続篇。スタッフ・キャストは前篇と全く同じ。

スタッフ

製作
杉原貞雄青柳信雄
原作
長沖一
脚色
新井一
監督
青柳信雄
撮影
西垣六郎
音楽
神津善行
美術
近藤司
照明
牧野秀雄
録音
鴛海晄次

ストーリー

浜三と眉子が新婚旅行から帰って来た。お嬢さん育ちの眉子がこんな一部屋で暮らして行けるだろうかと浜三は心配したが、眉子は明日からはお店へ出て焼芋売りでも何でもして働くわと云うのだった。ある日、手塚夫人が訪ねて来た。店先で焼芋を売っているわが子の姿を見て顔をしかめ、結婚してからやせたのじゃないかと心配した。おちえは気にして店へは出ないようにと頼んだ。藤本家は二組の結婚式のため財政も窮乏し、おまけに町内に新しく出来た果物店のため店の売れ行きも思わしくない。何かいい方法はないものかと阿茶太郎は眉子に相談する。自転車で注文をとって届けるようにすればよく売れるのじゃないかと眉子は云い、早速実行する。案の定大成功だった。一方、社長のお供で六甲へ出かけた浜三は、仲人の田村から、眉子の母が眉子の身体を心配し、アパートを予約、その引っ越しの費用だとお金までことづけたことを聞かされる。阿茶太郎もおちえも浜三と眉子が別居することに賛成した。が眉子は、もう藤本家の人間になったのだから皆で暮らす方が嬉しい、ぜひ置いてくれと頼むのだった。その言葉を聞いて、おちえは自分が間違っていたと嬉し涙をこぼす。おちえは「やっぱり、ええ子はええ子を連れて来ますなあー」と阿茶太郎に囁いた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。