日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

赤胴鈴之助 三つ目の鳥人
アカドウスズノスケダイナナブミツメノチョウジン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年03月11日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
Bird Man With Three Eyes  
上映時間
71分  

赤胴鈴之助シリーズの第七作。脚色は前作の松村正温に、岡本繁男が加わり、監督は「日露戦争勝利の秘史 敵中横断三百里」の森一生、撮影に「月姫系図」の宮川一夫と新しいスタッフ。主演は梅若正二、林成年、黒川弥太郎、中村玉緒と今までと同様だが、近藤美恵子も加わっている。色彩は大映カラー。

スタッフ

製作
酒井箴
企画
土田正義
原作
武内つなよし
脚色
穂積純太郎岡本繁男松村正温
監督
森一生
撮影
宮川一夫
音楽
渡辺浦人
美術
太田誠一
照明
岡本健一
録音
林土太郎
編集
宮田味津三

ストーリー

江戸の町に、三つ目の鳥人が現れ、戌年生れの子供を次々とさらった。赤胴鈴之助が剣術指南をつとめる江戸町奉行土井安房守の若殿鶴千代も、どうやら鳥人に狙われているらしい。彼のたっての頼みで、鈴之助がやむなく、彼を浅草のお化け屋敷へ遊びに連れ行った時、鶴千代は鳥人にさらわれたが、来合せた雷之進の協力で、取り戻した。鈴之助はそのことで出入りを差し取められたが、深夜しのびこんだ鳥人に、若殿がさらわれかけたとき、再び救った。曲者は鈴之助だとされたが、侍女萩乃はその誤解を解こうとした。彼女の母はお化屋敷の主お力、鳥人が落して行った印篭は父のものだった。つめよる萩乃に、お力は何も知らぬと言う。もう一人侍女しのぶはお力のもとへ住みこみ、その動静を探った。物太夫と岳林物がお力の手下になり、鈴之助をつけ狙っていた。鳥人は鈴之助の真空斬りを使って町人たちを苦しめ、その罪を彼になすりつけようとした。鳥人が千両箱を盗み出した時、鈴之助が現われたが、お力の魔法の玉の威力で倒れた。鳥人は彼に千両箱を抱かせて逃げ去った。鈴之助は怪盗として、与力筆頭の主水らの追究を受ける。鶴千代の厄払いにきた祈祷師は鳥人の変装だった。一同を眠らせ、鶴千代を奪って逃げた。鈴之助が救おうとしたが、鳥人の加勢で捕手たちに捕った。彼は病気の安房守の代理の主水のために、江戸中引廻しの上、鈴ケ森で処刑にあいかけた。お化屋敷では、鶴千代の身代金を持参した安房守が一味に取り囲まれた。彼は十余年前盗賊稲妻組を召し捕ったことがあるがその首領の妻がお力であり、子が鳥人の松太郎だったのだ。筋違いの仇討ちだ。萩乃が忍びこみ、お力たちを止めるが、無力だった。鈴之助は虚無僧姿になった千葉周作らに助けられ、お化け屋敷へ駈けつけた。鈴之助、しのぶの助力で鶴千代親子を救い出し、千葉道場の人々と共に、親子を捕えた。萩乃のいさめに松太郎もうなだれる。--鈴之助は再び鶴千代の剣術指南に返り咲いた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/09/28]

映画情報を55件更新しました。

[2020/08/27]

映画情報を61件更新しました。

[2020/08/04]

映画情報を100件更新しました。