日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

連弾
レンダン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2001年03月31日 
製作会社
松竹東京放送博報堂衛星劇場IMAGICAセディックインターナショナル 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
104分  

離婚問題に揺れる家族の葛藤を、ユーモラスに描いたドラマ。監督は「東京日和」の竹中直人。脚本は、本作で第25回城戸賞を受賞した経塚丸雄。撮影を「ホーム・スイートホーム」の佐々木原保志が担当している。主演は、「三文役者」の竹中直人、「狗神」の天海祐希、映画初出演の冨貴塚桂香、「シャ乱Qの演歌の花道」の簑輪裕太。芸術文化振興基金助成事業作品。

スタッフ

製作
宮島秀司原田俊明大塚康高石川冨康高野力
企画
森江宏中沢敏明
プロデューサー
間瀬泰宏濱名一哉関根康
協力プロデューサー
山崎康史田村健一深田誠剛依田光裕西村大志
脚本
経塚丸雄
撮影
佐々木原保志
照明
安河内央之
録音
北村峰晴
美術
斉藤岩男
編集
奥原好幸
スクリプター
甲斐哲子
衣裳デザイン
伊藤佐智子
助監督
阿知波孝
製作協力
芳川透
ラインプロデューサー
霜村裕吉田浩二
装飾
松本良二西渕浩祐庄嶌穀
持ち道具
小野善子
フラワーコーディネーター
横田恵美
ネガ編集
青野直子
衣裳
千代田圭介
スタイリスト
衣笠夕子
ヘアメイク
竹下フミ
スチール
鎌田秀子三浦憲治
リーレコ
神保小四郎
効果
渡部健一
選曲
浅梨なおこ
スタジオエンジニア
越智美香下野留之
タイミング
大見正晴
オプチカル
金子鉄男
車輌
仲久中村亮太井上真吾田中雄一
照明車輌
鶴野稔
タイトルデザイン
日比野光希子
宣伝プロデューサー
市川篤
製作主任
黛威久本藤雅浩
製作進行
甲斐聖太郎
製作デスク
大野貴裕
絵画
ミズテツオ
彫刻
坂本雅子
ピアノ指導
山下美香
ピアノ協力
松岡淳
主題曲
ブラームス「ハンガリア舞曲第1番」
監督
竹中直人

ストーリー

横浜に亡父から譲り受けた8軒の借家を持つ正太郎は専業主夫。妻の美奈子はゼネコンの設計課長。ある夜、そんな逆転夫婦が大喧嘩を始めた。原因は美奈子の浮気だ。そしてそれ以来、息子の徹は母を頑なに拒み、ピアノの発表会での母との連弾のことで頭がいっぱいの娘の真理は両親の醜い争いをただ傍観するようになる。やがて、離婚を決意した美奈子が家を出て行った。残された正太郎は、以前にも増して子供たちの面倒をみるようになるが、彼らにとっては鬱陶しいだけ。そんな中、こっそり母のマンションを訪ねた真理は、父の悪口を言う自分をなだめる母の姿を見て夫婦の複雑さを感じ、一方、口では母を許さずにいても心のどこかでは母を必要としていた徹も、「徹の母さんはただひとりだけだ」と父に慰められる。そして、ピアノの発表会の日。正太郎と徹が客席で見守る中、美奈子と真理は舞台へ向かって歩き出して行く。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。