日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

勝利者の復讐
ショウリシャノフクシュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年03月05日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Final Victory  
上映時間
77分  

「人形佐七捕物帖 花嫁殺人魔」の金田光夫の脚本を、「童貞社員とよろめき夫人」のコンビ小森白が監督、岡戸嘉外が撮影したギャングもの。主演は「女の防波堤」の細川俊夫、小畑絹子、「女王蜂(1958)」の天知茂。ほかに沼田曜一、三田泰子、北村真知子、鮎川浩などが出演している。

スタッフ

製作
大蔵貢
企画
笠根壮介
脚本
金田光夫
監督
小森白
撮影
岡戸嘉外
美術
鳥居塚誠一
照明
傍士延雄
録音
竹口一雄

ストーリー

錠前破りの天才前島清一は、二年の刑を終えて府中刑務所から出て来た。幼稚園の雑役婦として子供の啓子を守る妻の房江は、下宿屋の由美子母娘の温かいもてなしの中で、夫を更生させようとし、前島も又正しく生きようと決心した。だが、職はなく、夫が前科者と知れた房江も解雇され、遂に昔の仲間森田を通じて、表面国際商事を経営するボスの深沢に紹介された。ピストルにおどかされ、やむなく宝石店襲撃の一味に加わるが、不幸逮捕される。彼の口をふさごうとして深沢は前島の妻子を誘拐し、房江は暴行された為に自らの生命を断った。かくて復讐を誓った前島は、一切を皆川警部に打明けるが、現行犯のない深沢を捕えることはできない。仮釈放された前島は、啓子を由美子にあずけ、タクシー会社の運転手となるが、深沢の手は彼の周囲にのびて来る。ピストルをもった深沢に追われる彼に、皆川警部は「現行犯で捕えるより方法がない」と嘆くのだった。いよいよ最後の手段を決意した前島は単身深沢一味のいるバーにおもむき、ピストルを身にうけて倒れた。急報によってかけつける警官隊、前島は自らの生命と引きかえに、深沢を警察の手にわたしたのであった。幸い傷は軽く、病院のベッドで、無心に遊ぶ啓子の姿を、由美子と共にながめる彼の眼に、はじめて平和の光がかがやいていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。