日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

草笛の丘
クサブエノオカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年02月11日 
製作会社
宝塚映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
54分  

「おトラさん」の共同脚色者の一人新井一のオリジナル・シナリオを、新人内村禄哉が監督、「強情親爺とピンボケ息子」の西前弘が撮影した歌謡映画。出演は「ふるさとの唄 お母さんの東京見物」の三橋美智也を中心に、環三千代、藤木悠、柳家金語楼、万代峰子、水の也清美などである。

スタッフ

製作
山本紫朗
企画
宇佐美進
脚本
新井一
監督
内村禄哉
撮影
西前弘
音楽
飯田三郎
美術
藤田哲郎
照明
丹羽淳
録音
山之内樹一

ストーリー

××大学の校庭では、ラグビーの猛トレーニングが行われていた。耕次と俊夫はグランドコートの腕を組んで僚友の練習ぶりを眺めていた。二人は万年補欠なのだ。合宿が終って、耕次と俊夫は、下宿八百熊の二階へ帰って来た。一人娘のみどりがいそいそと耕次を迎えた。耕次の部屋はみどりの手で綺麗に片附けられているのに反し、隣合せの俊夫の部屋はそのままで雑然としており、俊夫をクサらせた。みどりは耕次に好意を寄せているのだ。なんとかしてレギュラーになろうと、休暇中ランニングをすることにした二人は毎朝行き会う達夫少年と知り合いになった。母子二人暮しの貧しい家庭の達夫は新聞配達をして家計を助けているのである。一生懸命に駈けて行く達夫の傍を自転車に乗った仲間の少年が追い越して行く。何とかして達夫に自転車を買ってやりたいと二人は考えた。歌謡コンクールがこの町で行われることになった。優勝者には自転車が贈られるとのことである。耕次も出場することにした。当日、皆がヤキモキしているのに耕次は姿を見せない。彼は会場近くの踏切で、幼児が驀走して来る電車の前へヨチヨチと歩き出すのを見て、飛びこんで幼児を救ったため、遅れたのだ。会場へ着いた時コンクールは終っていた。が、彼が子供を救けたことが投書で分り、謝礼には彼の希望で自転車が贈られた。自転車は、早速達夫のもとに届けられ彼を喜ばせた。みどりに良い縁談があるのを知った耕次は、彼女の幸福を願って、俊夫に送られて故郷へ向った。車窓からは達夫を先頭とした銀輪部隊が、汽車を追いかけて来るのが見えた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。