日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

乳房と銃弾
チブサトジュウダン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年01月29日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Woman with the Gun  
上映時間
80分  

「十代の罠」のコンビ山崎巌が脚本を、野口博志が監督を担当したアクション・ドラマ。撮影も同じく「十代の罠」の永塚一栄。主演は「燃える肉体」の筑波久子、「裸女と拳銃」の二谷英明、それに香月美奈子、宍戸錠、西村晃、木室郁子が加わる。色彩は日活コニカラー。

スタッフ

製作
浅田健三
脚本
山崎巌
監督
野口博志
撮影
永塚一栄
音楽
山本直純
美術
大鶴泰弘
照明
高橋勇
録音
高橋三郎
編集
辻井正則
技闘
高瀬将敏

ストーリー

横浜の鉄筋ビル工事現場で、視察中の開発省県支局の庄司課長補佐が何者かによって射殺された。ビル施工の木田組社長木田が参考人として喚問された。彼は事件発生時、被害者と一緒にいた有力な容疑者だった。理由は、土建業者と県支局の汚職容疑で庄司に出頭令状が交付される矢先のことで、庄司の口を封じる必要のある者の仕業に違いないからだ。渡刑事は木田を取調べたが、木田は何も知らなかった。その帰途、彼の車が通行人と接触し、その女を「ゆり」という洋装店まで送ってゆくと、昔の愛人三笠ゆりの店だった。木田は二年振りの再会を喜んだが、ゆりはなぜか彼に冷たかった。翌日、木田は同業の立花組社長立花に庄司の遺族への見舞金の件で会い、ゆりが彼の情婦であり、またその後援で歌手として舞台に立っていることを知った。捜査は難航し、また庄司の長男の庄司巡査が失踪するという事件が起きた。渡刑事は親友の妹庄司杏子に犯人の検挙を誓った。ゆりが暴行をうけるという事件も起きた。犯人は失踪した庄司巡査とされ、現場に落ちていた彼のカギで、中央郵便局の私書箱を開けると、中から精巧なニセ五千円札が出てきた。木田はゆりを追求し、あの暴行事件は立花に強制された芝居だと白状させた。ゆりは麻薬中毒で立花から離れられないのだ。渡刑事は立花組の倉庫に乗りこみ、ニセ五千円札の山を発見した。が、その時、一味に取り囲まれていた、--ちょうど、庄司刑事がそうだったように。立花はゆりを脅して木田を誘い出させ、射殺しようとしたが、失敗した。木田はゆりに自首させようとしたが、彼女は自殺を図り、彼に愛を告白し、立花が下田から香港へ高飛を図っていると知らせた。県警の一隊が下田へ向った。立花一味は渡刑事を盾に警戒網をくぐり抜けた。立花はヘリコプターで下田へ飛んだ。港での射撃戦の末、一味はぜんぶ逮捕された--数日後、傷がなおり退院するゆりに、木田が優しくつき添っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。