日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大都会の午前三時
ダイトカイノゴゼンサンジ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年01月22日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

「花嫁立候補(1957)」の池上金男の書き下し脚本を、「愛すべき罪」でデビューした西条文喜が、第二回作品として監督し、谷沢一儀が撮影したスリラー恋愛劇。主演は「十七才の断崖」の根上淳、「銭形平次捕物控 八人の花嫁」の川上康子で、ほかに、三津田健、矢島ひろ子、杉田康、中条静夫、田端義夫などが助演。

スタッフ

製作
永田秀雅
企画
川崎治雄
脚本
池上金男
監督
西条文喜
撮影
谷沢一儀
音楽
小杉太一郎
美術
高橋康一
照明
田熊源太郎
録音
須田武雄

ストーリー

新聞記者新島徹は、国際密輸団の本拠をつきとめたが、単身乗りこんで殺された。彼の弟修は兄の復讐を誓い、網走帰りの前科二犯という肩書をこしらえ、兄の殺された附近の船具店に職工として住みこんだ。彼は近くのバーに通って、彼等の行動をさぐった。が、マダムの文江に云い寄られ、その挙句喧嘩沙汰となり、署へ連行された。ところがその折の修の腕っ節にほれこんだ男がいたのである。早川といい、表向きは宝石店を構えているが、実は密輸団の副首領格。彼は修を貰い下げた。修もチャンスと、早川に接近し麻薬運搬の仕事を手伝うことになった。すべて運搬人は氏名を名のらず、一号から二十八号までの人間が、つぎつぎとリレー式に麻薬を運ぶ仕組みになっている。早川の娘まり子は、出入りするようになった修に好意を持った。まり子にせがまれて、修は銀座のナイトクラブ「マドンナ」へ行った。ここは早川が会員になっているクラブだという。果して修の後方のテーブルでは、早川ともう一人の男の眼が鋭く修に注がれていた。運び人を追って行き本拠をつきとめるという修の計画は失敗し、彼の身辺は危くなった。修だけではない。彼を引きいれた早川の身にも危険が追っていた。首領は早川の命と交換に、まり子との結婚を迫った。その頃、丸山という男が網走から出獄して来、修の網走帰りが偽りであることを見破った。午前三時。修はおびき出された。車内の中では、殺し屋銀吾が銃をかまえていた。そこへまり子が現われ、小路へ連れこみ修に拳銃を渡した。双方のピストルが乱射された。まり子の方へ駈け出して来た早川は銀吾に射たれた。修の身辺を監視していた井上刑事の知らせで、警官隊が駈けつけた。遂に修の一弾で首領も倒れた。徹を射った銀吾も死に、修の復讐は遂げられた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/11/29]

映画情報を54件更新しました。