日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

麻薬3号
マヤクサンゴウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年02月12日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
White Death  
上映時間
92分  

別冊文芸春秋に連載された九味康祐の原作を、松浦健郎が脚色し、「九人の死刑囚」の古川卓巳が監督した異色作。撮影は「誘惑(1957)」の山崎善弘の担当。主演は「十代の罠」の長門博之、「心と肉体の旅」の南田洋子、「燃える肉体」の白木マリ、助演陣には「フランキー・ブーチャンの殴り込み落下傘部隊」の河野秋武、「花嫁のおのろけ」の日守新一、「鷲と鷹」の二本柳寛、他に高原駿雄、近藤宏、植村謙二郎、西村晃などのベテラン陣が助演している。

スタッフ

製作
高木雅行
原作
五味康祐
脚色
松浦健郎
監督
古川卓巳
撮影
山崎善弘
音楽
小杉太一郎
美術
千葉一彦
照明
吉田協佐
録音
橋本文雄
編集
辻井正則

ストーリー

神戸の港町に巣食うヤクザの慎二は、赤新聞「文化レポート」社を経営していたが、ある日安部啓子という美しい女性の訪問をうけた。啓子は小田という男をさがし、その行方を慎二にたずねるため、やって来たのだった。慎二は彼女を麻薬中毒患者の巣窟に連れて行くが、そこで自称作家五味ともう一人身知らぬ男と会った。啓子がこの場の光景に驚き、にげ去った後、慎二はこの身知らぬ男が小田であることを知る。だが彼は、「俺は殺人犯だ、啓子をたのむ」と慎二に云って、自首してしまった。啓子と慎二との間には、やがて恋が燃えた。二人は新生活に入ろうとしたが、慎二は再び麻薬三号、ヘロインの取引に加わるようになる。そして啓子も姿をかくしてしまった。慎二はこの取引で、美貌の紫都に指図される一団につかまり、旅館の一室で腕を刺された。セセラ笑う慎二の度胸をかったこの家の主人、実は麻薬のボスは、慎二に拳銃をわたして仲間に入れという。慎二は突然紫都の太腿をうち貫き、「これでオアイコだ」とうそぶくのだった。そして連れて来た医者というのが、インチキ作家の五味。慎二はそれでも腕を買われて再度麻薬の取引に参加する。その頃、彼を忘れ得ぬ啓子は、街から街をさまよっていたが、慎二は紫都の手下辰の手引で一味から逃れ、自動車を走らすうち啓子の姿を見た。麻薬密輸団の一味からは、みなが逃れようとしている。が誰もが出来ないことをする慎二にひかれた啓子だ。しかし彼女はすでに薬を飲み、教会で死ぬため歩いているのだった。慎二は彼女を抱いたが、その時、啓子の息は絶えていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/02/25]

映画情報を65件更新しました。

[2021/01/26]

映画情報を51件更新しました。