日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

東京の瞳
トウキョウノヒトミ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1958年01月03日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

明星に連載の川口松太郎の小説を原作に「誓いてし」の舟橋和郎と「九時間の恐怖」(共同脚本)の星川清司が脚色、「真昼の対決」の田中重雄が監督した恋愛メロドラマ。撮影は「地上」の中川芳久。主演は「夕凪」の若尾文子、「地上」の川口浩、「雪の渡り鳥」の山本富士子、「日露戦争勝利の秘史 敵中横断三百里」の船越英二、根上淳、「肌色の月」の千田是也。それに川崎敬三、叶順子、八潮悠子など。色彩は大映カラー。

スタッフ

製作
永田雅一
企画
中代富士男
原作
川口松太郎
脚色
舟橋和郎星川清司
監督
田中重雄
撮影
中川芳久
音楽
古関裕而
美術
間野重雄
照明
泉正蔵
録音
長谷川光雄

ストーリー

輸出向けの新車を製作中のホンダ・モータースに働く堺和男には商業デザイナーの晶子という姉があった。その晶子が奇しくもホンダ・モータースが募集した海外宣伝ポスターに一等当選した。賞金は十万円、和男の喜びも大きかったが、彼に好意を寄せる厚生課の本田洋子も一緒に喜んでくれた。この洋子、実は社長令嬢ながら一社員として厚生拡充に力を入れているという変り種である。一方、晶子も入選の喜びを分ちたい唯一の男性があった。同僚の野中良介である。二人は次の日曜日、良介の家でお祝いをすることを約束した。その日曜日、良介は晶子を待った。が、晶子は同じころ洋子の父本田社長の招きで入選祝賀会に出席していた。晶子は良介のことを気にしつつも祝賀会の雰囲気を壊すわけに行かなかった。祝賀会には金山という男も出席していた。本田社長は金山を洋子の許婚と紹介した。一瞬、和男は愕然としたが、その後で洋子は和男に自分の愛情のしるしとオルゴールを与えた。楽しい気持で和男と晶子は帰宅した。ところが、その二人を待っていたのは神戸から上京してきた兄の茂だった。茂は潰れかかった商売の建直しに、この家を担保に五十万円を都合してくれと泣きついた。しかし兄の度々の無心にこりている和男は取合わない。茂は悄然と去った。が晶子は、兄のためにと本田社長に頼み、金を貸してもらって茂に渡した。茂は再生を誓って離京した。ところが、その夜、近所の火事で晶子の家も類焼した。和男は洋子から貰ったオルゴールを抱いて辛うじて逃れた。翌朝、晶子と和男は本田家に落着いた。祝賀会以来晶子と冷戦状態だった良介も焼跡に駈けつけた。やがて良介は晶子の居場所を知った。姉弟にとっては不幸な火事ではあったが、本田社長の計いで和男と洋子、晶子と良介に明るい日が訪れた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。