日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ショコキ!
ショコキ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
Shokoki  
上映時間
94分  

高層ビルのエレベーター(昇降機)に閉じ込められた人々が繰り広げる人間模様を描いたシチュエーション・コメディ。監督は、お笑い集団ジョビジョバのリーダーであるマギーで、本作が初監督作品となる。脚本は児島雄一(マギー監督の本名)。撮影を「殺し KOROSHI」の佐光朗が担当している。主演は、「ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ ウルトラマンガイア―超時空の大決戦―」の純名里沙、「緑の街」の河相我聞、「プロゴルファー織部金次郎5 愛しのロストボール」のモト冬樹、「天国から来た男たち THE GUYS FROM PARADISE」の遠藤憲一、「死びとの恋わずらい」の本田博太郎、「アナザヘヴン」の大島蓉子、「LOVE SONG」のジョビジョバ。日本芸術文化振興会芸術団体等基盤整備事業作品。スーパー16ミリからのブローアップ。

スタッフ

監督
マギー
脚本
児島雄一
音楽
大谷幸
撮影
佐光朗
照明
豊見山明長
美術
金田克美
録音
岩倉雅之
スクリプター
柳沼由加里
視覚効果
橋本満明
編集
普嶋信一
装飾
山田好男
特機
奥田悟
助監督
佐藤太
製作担当
鈴木剛
ラインプロデューサー
亀田裕子
プロデューサー
溝上潔阿野正
製作
稲葉昭典三浦正一児玉英毅日下部圭子佐藤重喜三木明博新藤次郎
制作
近代映画協会

ストーリー

高層ビルの2台のエレベーターが、突然停止した。その1台に閉じ込められたのは、可愛い顔の割には地味なOL・由美、妙に軽くておしゃべりなピザ配達員のタカシ、リストラされたサラリーマン・浜村、時間に追われているTVディレクターの神林、物静かな中年・関根、こてこてのおばちゃん・静江というどこにでもいそうなフツーの6人。破壊されたインターホン、携帯電話も通じない密室の中、1時間が経過した。彼らは、持ち前の明るさで盛り上げようとするタカシを中心に自分のことを話し始める。常に新しい番組を作らなければならないプレッシャーを感じている神林、自分の殻を破りたいと女優オーディションを受けたが落選した由美、関根は実はリストラされた浜村の社長で、静江も本当は33歳で妊娠中だった。ところで、もう1台のエレベーターにはロケ現場に向かう途中のお笑い集団ジョビジョバ2のメンバー6人が乗っていた。彼らは、リーダーのマギーを中心にこのシチュエーションを利用した映画の構想を練っていた。しかし、リアルさを追求するマギーに対して、他のメンバーは無責任に奇想天外なアイデアを出すばかりでなかなか纏りそうもない。一方その頃、隣のエレベーターでは浜村の吹くオカリ~ナで乗員の心は癒されつつあった。とその時、エレベーターの隠し扉の向こうから、整備士の青年が現れた。仕事をサボって居眠りしていたと言うマイペースな彼に、初めのうち6人は憤りを感じるも、次第に心にゆとりを持つようになっていく。やがて、エレベーターが復帰した。1階へ到着した6人は、つめかけた報道陣に囲まれインタビューを受けながら、それぞれの日常生活へ戻って行く。だが、由美だけは神林によって女優になることになった。そして騒ぎも一段落した頃、漸くジョビジョバを乗せたもう1台のエレベーターが到着した。インタビューされることを期待していた彼ら。しかし、そこには既に誰もいなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。