日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

青春航路
セイシュンコウロ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年12月01日 
製作会社
宝塚映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
The Green Voyage  
上映時間
94分  

四人の女学生を主人公にして宝塚映画初の色彩・大型明朗篇。「森繁の僕は美容師」の共同脚色者の一人、長瀬喜伴と「青空娘」の白坂依志夫が共同脚色「森繁の僕は美容師」の瑞穂春海が監督した。主演は「大当り三色娘」の江利チエミ、「続サラリーマン出世太閤記」の団令子、「太夫さんより 女体は哀しく」の環三千世、「花嫁は待っている」の小泉博、扇千景、「青い山脈(1957)」の宝田明。ほかに夏亜矢子、江原達怡、アチャコ、伊藤久哉、黛光など。色彩はイーストマンカラー。パースペクタ立体音響。

スタッフ

製作
杉原貞雄
脚本
長瀬喜伴白坂依志夫
監督
瑞穂春海
撮影
岡崎宏三
音楽
神津善行
美術
植田寛
照明
下村一夫
録音
西川善男

ストーリー

女子高校生の庄司トシ子、藤田まり子、本間和子の三人は級友の古賀春子を訪ねて大阪にやって来た。無銭旅行のため往復の切符しかもたない三人は、小遣稼ぎに春子の父の会社の野球の応援に出かけた。勝てば思い通りのお小遣をもらえたのに、相手チームの清水の逆転ホーマーに敗れてだめになった。しかし会社の宣伝に役立ったお礼に、祇園見物をさせてもらった。トシ子たちはこのことを別府の級友江藤寿美子に報せた。寿美子の返事で姉の雅子が大阪にいるのを知り、みんなで別府に行くことになった。神戸から出航した四人は、船中で清水や母校の先輩竹中に会った。トシ子たちは宿敵の清水に近づかぬよう、雅子に忠告した。四人は竹中から恩師枝川先生が九州阿蘇で新しい村作りをしていることを知って、みんなで訪ねることにした。別府に戻った早々、雅子は見合の席で、その相手がなんと清水であるのにビックリする。数日して四人が枝川先生の村につくと、ちょうど村は文化祭で、トシ子は大阪の級友雪村いづみを呼んで、みんなで参加することになった。トシ子やいづみたちの大コーラスは、阿蘇の山々の壮大な景観の中に、高く響き渡った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。