日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

逢いたいなァあの人に
アイタイナアアノヒトニ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年10月08日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
Want to See My Lover  
上映時間
57分  

「坊ちゃん大学」の中田竜雄の脚本により、同じく伊賀山正光が監督、「血まみれの決闘」の佐藤三郎が撮影した歌謡メロドラマ。主演は「爆音と大地」の中村雅子、「霧の街」の今井俊二、「別れの茶摘み歌 お姉さんと呼んだ人」の島倉千代子、「こけし子守唄 夕やけ鴉」の松島トモ子。ほかに藤里まゆみ、高木二郎、古賀京子など。

スタッフ

企画
小笠原久夫
脚本
中田竜雄
監督
伊賀山正光
撮影
佐藤三郎
音楽
池田正義
美術
田辺達
照明
森沢淑明
録音
小松忠之
編集
祖田富美夫

ストーリー

伊豆の連山を背景にバスが走ってゆく。車中で手紙を読んでいた春江はふと手紙を窓から飛ばしてしまった。たまたまそれを拾った敏男は、春江と幼なじみで二人ははからずも十数年振りに再会したのであった。敏男は今大学生、春江は行商に出ている身であった。そのころ村の有力者の順造が春江に縁談を持って来た。彼女には有難迷惑なのだが、良家の息子清太郎なので母親は無条件に承諾してしまう。只一人兄の許婚者の八重だけが春江の味方だった。やがて秋祭が訪れ、春江は将来の婚家として清太郎の家に心ならずも挨拶に行かされる。帰途、意外にも敏男に出会った。二人の間を嫉妬した清太郎は、敏男を待伏て暴行したが、二人の心は固く結ばれて行った。一方、春江の結婚式の準備も進められており、彼女は毎日、気が気でない日の連続だった。東京に帰った敏男は伯父の反対や、彼を慕う令嬢の妨害で春江との音信を断たれてしまう。ついに意を決した春江は家出して敏男を尋ねてくるが、またさえぎられ会うことができなかった。春江は生きる希望をなくしていた。雨の中を虚ろな気持でさまよっていた。そんなことから、どっと病の床に就くがすでに手遅れ。親しい人達に看取られて、春江は哀しく世を去って行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。