日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

青春の冒険
セイシュンノボウケン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年09月03日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
The Way of Youth  
上映時間
80分  

近藤啓太郎の原作「好奇な冒険」を「十七才の抵抗」の池田一朗が脚色、「哀愁の園」の吉村廉が監督、「マダム」の峰重義が撮影した日活肉体シリーズ第三弾。主演は「殺したのは誰だ」の小林旭、「月下の若武者」の香月美奈子、「海の野郎ども」の菅井一郎、「おばこ船頭さん」の二谷英明、ほかに小園蓉子、牧真介、東谷暎子、小夜福子、北林谷栄、柳谷寛など。

スタッフ

製作
岩井金男
原作
近藤啓太郎
脚色
池田一朗
監督
吉村廉
撮影
峰重義
音楽
斎藤高順
美術
千葉一彦
照明
三尾三郎
録音
沼倉範夫
編集
中村正

ストーリー

高校生水原哲夫は、電車の中で知り合った女学生守山富士子の戸籍を区役所で調べ上げ、悪友の松井に自慢顔で打ち明けた。富士子も、きのう自分をつけてきた学生のことを思うと、悪い気持はしない。学校の帰途、富士子は待ち伏せていた哲夫から、サイクリングに行かないかと誘われた。突然のことに驚いた彼女も、警官の前では、哲夫を自分の友達だといってかばうのだった。その夜、哲夫は富士子にラグレターを書いた。日曜日の朝、哲夫の父公平は馬から落ち、看護婦高木千鶴子と帰ってきた。彼女の豊満な肉体から発散される色気が、異性に興味をもち始めた哲夫を刺戟しない筈はない。ベッドに入っても、哲夫は浴室で垣間みた千鶴子の裸身を思いうかべる。ある夜、千鶴子にむしゃぶりついた哲夫は、彼女のなすがままに身を任せ、初めて女の肉体を知った。つぎの日から、哲夫は富士子が子供に見えてならなかった。富士子は、母が哲夫からのラヴレターをかくしたことを知り、自分の気持を伝えようと哲夫の家を訪ねた。が、哲夫は「あんなものは単なるいたずらさ」と冷笑するばかりだ。一方、哲夫と千鶴子の関係を感づいて、公平が千鶴子に暇を出すと、哲夫は病院に彼女を訪ねた。だが、千鶴子に相手にされないばかりか、彼女の情夫安井のためこっぴどく痛めつけられた。悄然と歩く哲夫の肩に優しく手をかけたのは、心配のあまり後を追ってきた富士子である。二人は松井の家へ寄った。富士子は「あなたが好きなのよ」と泣いて訴えたが、哲夫は「もう手おくれだ」と答えた。千鶴子を殺すつもりで、アイスピックを握って飛び出す哲夫の前に、富士子が立ちふさがった。彼女はいきなりガウンを脱ぎ捨て、シュミーズ一枚で哲夫の胸にすがった。一瞬、哲夫も力をこめて抱き返したが、ぐいと突き放した。松井の知らせで駈けつけた両親の姿を見るや、哲夫はハッと立ちどまり、声をあげて泣いた。「お前も富士子さんも、やっと大人になったばかりだ。お前たちの冒険をよくするのも悪くするのも、これからのお前たち次第だ」と公平はやさしくいった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。