日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

憲兵とバラバラ死美人
ケンペイトバラバラシビジン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年08月06日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
73分  

元憲兵大尉小坂憲助の原作「のたうつ憲兵」から「「青春万歳」より 源平恋合戦」の杉本彰が脚色し、「毒婦夜嵐お絹と天人お玉」の並木鏡太郎が監督、「謎の紫頭巾 姫君花吹雪」の山中晋が撮影した。主演は「怒濤の兄弟」の中山昭二、「怪談累が淵(1957)」の若杉嘉津子、「怪談本所七不思議」の松瀬浪路、天知茂。ほかに江見渉、鮎川浩、細川俊夫、小高まさるなど。

スタッフ

企画
岡本良介
原作
小坂慶助
脚色
杉本彰
監督
並木鏡太郎
撮影
山中晋
音楽
米山正夫
美術
宮沢計次
照明
秋山清幸
録音
鈴木勇

ストーリー

昭和十二年十月。主力が満州に出動したあとの仙台歩兵第四連隊の炊事場附近の井戸の中から、首と四肢のない、しかも五カ月の胎児まで姙った女の腐爛死体が発見された。軍隊という特殊地帯に起った、この未曽有の不祥事件に、憲兵隊は愕然とし、その捜査が難航すると見るや、東京の腕利き憲兵小坂曹長が事件解決に派遣された。彼の来仙によって面子を汚されたとする仙台憲兵隊の非協力をよそに、彼は民間の警察と協力して事に当った。まず最初に容疑が浮んで来たのは、当時炊事班長をしていた恒吉軍曹である。彼は男前で女出入りが激しく、しかも彼が馴染みにしていた文子という酌婦が行方不明になっているのだった。一方、東北帝大を訪ね資料を蒐集していた小坂憲兵は、そこで殺された当時の胴体が八貫匁もあり一人で担ぐのは不可能であること、屍体をバラバラにするには鋭利な刃物でも一時間はかかることを知った。そこから推理を進めた彼は、連隊の隣りの陸軍病院の手術室に眼をつけた。それを裏付けるように、病院の霊安室の傍の古井戸の中から、両手、両足が発見された。仙台の憲兵隊は犯人は恒吉と決めて、連日激しい拷問を彼にかけ自白を強いた。だが小坂は犯人は別にいると考えた。さらに調査すると、満州出動前、毎日連隊から病院に派遣される下士官が四人いることが判った。その四人の部下を訪ね当時の状況を洗うと、果せるかな君塚軍曹が手術室から毛布と天幕で包んだ私物と厳重に梱包した荷物を連隊に運んだことが判明した。しかも、女のドクロの虫歯から、彼女は県の経理部長の女中で、伊藤百合子であることも判り、君塚とは深い仲だったことも知れた。かくて、事件は急転直下、解決へと向い、小坂憲兵は折から満州の原隊から脱走して集落にひそむ君塚を逮捕することが出来た--。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。