日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夜の鴎
ヨルノカモメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年08月10日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
99分  

田中澄江のオリジナル・シナリオを、「愛情の決算」以来一年ぶりの佐分利信が監督し、「東京のテキサス人」の芦田勇が撮影した。主演は、これが東宝復帰第一回作品の新珠三千代、「わが胸に虹は消えず」の河内桃子、「鯨と斗う男」の佐野周二、「目白三平物語 うちの女房」の久慈あさみ。ほかに田崎潤、佐分利信、佐原健二、藤木悠など。

スタッフ

製作
安達英三郎
脚本
田中澄江
監督
佐分利信
撮影
芦田勇
音楽
宅孝二
美術
北川恵笥
照明
石川緑郎
録音
小沼渡

ストーリー

深川の材木問屋佐山家の安夫の嫁けい子は、二度目の縁づきとはいえ、その夫婦仲は人目も羨むばかりの睦じさであった。ある日、山に材木の買付けに行っていた父の安衛門が怪我をしたという急報に、現場にかけつけた安夫は、誤って河に落ちて打ちどころが悪く死んでしまった。それから一年、安夫を失ったけい子の心の傷手は未だ消えず、墓詣りを日課のように続けていた。そんなある日、彼女は安夫の生前の友、時岡と出会った。折も折り、佐山の両親は、けい子と安夫の弟夏樹との結婚を望んでいたが、夏樹には恋人はるえがいた。この事情に気づいたけい子は、時岡を訪れ安夫に代って夏樹のために一肌脱いでくれと頼んだ。そんな彼女の優しさに時岡はかつて戦災で妻を失って以来忘れていた仄々とした愛情を喚び起された。--けい子と時岡はやがて結ばれた。幸福な一年が過ぎて、二人は晩春の日光へ旅行した。この地はかつて安夫と新婚旅行に来た想い出のところだ。ここへ来たのも、彼女は秘かに自分の心をためすためだった、彼女は改めて時岡を深く愛していることを確めた。だが、その喜びも一瞬にして吹飛んだ。時岡が彼女の目の前で自動車にはねられてしまったのだ。度重なる夫の死に、彼女は自分には死神がついている、と欺き悲しむのだった。--時がたち気を取直した彼女は、学校時代の親友のみね子の嫁ぎ先の画家林を訪れ、時岡の写真を出して彼の肖像画を描いてくれと頼んだ。その頃、林とみね子とは以前からの不和でみね子は家を出ており、取残された息子のみつると林が不自由なやもめ暮しをしていた。そんな姿にけい子の心は痛み何かと面倒をみてやるのだった。林もけい子の女らしさに胸をつかれるのだった。一方、佐山家ではけい子に再び家に戻ってくるようにすすめていたが、けい子はいまはみね子と正式に離婚し、絵画への自信も失いかけた林を立直らさせようと一生懸命であった。そして、旅に出て気分を変えるように彼にすすめ、彼女はその留守の間、みつるを預かり、アトリエに泊ってやった。--今は彼女の帰りを待ちわびる佐山家の人々をよそに、けい子を乗せた自動車は今日も川沿いの道を林のアトリエに向う。女の仕合わせとは、いつもだれかのためを考えていることだ、とけい子は車の中で自分に囁きかけていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。