日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

別れの茶摘み歌 お姉さんと呼んだ人
ワカレノチャツミウタオネエサントヨンダヒト

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年08月25日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
66分  

「別れの茶摘み歌」につづく島倉千代子のヒット・ソングを映画化した歌謡メロドラマ。スタッフは前作と同じ。主演は扇千景、島倉千代子は何れも前作と同じく新たに「忘却の花びら (完結篇)」の小泉博が加わっている。

スタッフ

製作
竹井諒
脚本
本多猪四郎竹中弘祐
監督
本多猪四郎
撮影
栗林実
音楽
竹岡信幸
美術
阿久根巖
照明
田中義男
録音
山元三彌

ストーリー

風薫る五月、茶の名産地静岡に由緒ある献茶式が近づく頃保育園の保母、道子の胸に切ない思い出が甦る。三年前の献茶式で、道子は農事試験場の若い技師上野正夫と知合った。二人は二度三度と会ううち急速に結ばれて行った。婚期にある道子が兄の達夫からの縁談に責められ、一度は別れる決心をするが、しかしそんなことがあればあるほど二人はしっかりと結びついた。道子は正夫のためにどんな障害をも乗越える決心をした。唄の上手な茶農の娘千代に恋文を託し道子は正夫と逢引を続けた。ところがある日、正夫は突然、故郷の東京へ去った。そして道子には、健康を害しているため幸福にする自信がないとの手紙をよこした。が、正夫あっての幸福しか考えられぬ道子は上京、胸を病んで一人淋しくいる正夫のアパートに行った。それ以来二人の生活は始ったが、正夫の病状は悪化するばかり。道子は療養費を稼ぐため、正夫の友人大沢の世話でセールスの仕事を見つけてもらうが、病身の正夫をおいて旅に出ることはできない。たまたま町で会った千代の姉やす子の口添えで銀座のバーに勤めることになった。それで正夫の入院費用の工面がつき、いよいよ手術となった。と、その日、道子はバーで計らずも静岡で求婚された金持の息子山崎に会った。しつこく追い回す山崎から道子は漸く逃れ、今度は大沢の世話で婦人記者の職を与えられた。ほっとする道子。しかしそのとき正夫の容態悪化が報された。駈けつけた道子を待たず正夫は死んだ。悲しい思いを胸に道子は故郷静岡へ戻り、生きる道を幼稚園の保母に見つけた。今日も子供たちと丘を行く道子の上を茶畑で働く千代の歌声が明るく流れる。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/10/27]

映画情報を39件更新しました。

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。