日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

おばこ船頭さん
オバコセンドウサン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年06月18日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
78分  

野村雪子のヒット・ソング「おばこ船頭さん」から「おんな船頭唄」の戸塚量也と「愛ちゃんはお嫁に」の小林桂三郎が共同で脚本を書き、同じく小林桂三郎が監督した歌謡メロドラマ。撮影は「唄祭り喧嘩旅」の柿田勇。主演は「8時間の恐怖」の南寿美子「反逆者」の二谷英明、「マダム」の広岡三栄子。野村雪子が出演、主題歌を歌っている。

スタッフ

製作
茂木了次
脚本
戸塚量也小林桂三郎
監督
小林桂三郎
撮影
柿田勇
音楽
吉田正
美術
柳生一夫
照明
高島正博
録音
高橋三郎
編集
中村正

ストーリー

紺青の湖に点々と浮かぶ漁船の群--父親の大蔵と一緒に櫓を漕ぐ娘のふみ子に、若い漁師の仙吉は胸を焦がしていたが、彼女には意中の人、遊覧船の機関士秋山雄二がいた。だが、何故か大蔵の遊覧船を眺める眼には憎悪の光が宿っている。それというのも二十年前に、お互いに性格が合わずに別れた妻が、幼いるみ子を残して遊覧船の船員と東京へ駆落ちしたからだった。ところで、大蔵はふみ子と仙吉を一緒にさせる積りであったが、仙吉からふみ子には船員の恋人がいると聞いて激怒した。その頃、この漁村に賑やかなふれ太鼓の音と共に、中村歌扇一座が乗込んで来た。女座長歌扇こそ、かつての大蔵の妻、ふみ子の母親であった。歌扇は、せめて陰ながらも娘の生長した姿をみたいとこの村にやって来たのであった。歌扇がかつての妻おしげだと知った大蔵は歌扇に逢い、ふみ子に母親として今更名乗り出ないように頼んだ。一方、雄二は仙吉の卑劣な暴力によって負傷した。だが大蔵は依然二人の仲を許さなかった。ある夜、雄二のことで再び大蔵から厳しく叱られたふみ子は嵐の中に飛び出し、いつか歌扇の許に来てしまった。事情を聞いた歌扇は、母の名を胸に秘め、雄二とふみ子とが結ばれるよう奔走した。さすがの大蔵も折れた。ふみ子の喜ぶ姿に歌扇はそっと涙を拭うのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。