日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

19(2001)
ナインティーン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2001年07月14日 
製作会社
ギャガ・コミュニケーションズ製作協力 bid company) 
配給会社
ギャガ・コミュニケーションズ 
レイティング
 
英語名
 
上映時間
81分  

3人組のチンピラと、彼らに拉致された大学生の間に芽生える奇妙な絆を描く青春ドラマ。監督は、本作が劇場用初監督作となる渡辺一志で、デビューのきっかけとなった96年PFF準グランプリ受賞の8mm作品「19」の脚本を基に監督自ら脚色。撮影を「地雷を踏んだらサヨウナラ」の岡雅一が担当している。主演は、「ゴト師株式会社 ルーキーズ2」の川岡大次郎と「visitor Q」の渡辺一志。16ミリ・テレシネデジタル編集・キネコ。

スタッフ

監督
渡辺一志
エグゼクティブプロデューサー
田中和彦
プロデューサー
竹本克明公野勉
脚本
渡辺一志
撮影監督
岡雅一
照明
山川英明
美術
桑原昌英
編集
菅野義雄渡辺一志
録音
佐藤幸哉

ストーリー

ごく普通の大学生・宇佐美は、白昼堂々、車に乗った3人組の男・横浜、千葉、神戸に拉致される。逃げることを許されない彼は、しかし社会のルールなど無視の3人とのあてのない旅の中で、彼らに友情とも羨望ともつかない奇妙な感情を抱くようになっていく。しかし、新たに浜辺で拉致した男を誤って宇佐美が射殺してしまったことから事態は一変。死体を隠した4人は、逃走用の車を奪う為、またしても殺人を犯すこととなる。警察の検問を潜り抜け、更なる旅を続ける4人。だが突然、横浜が宇佐美を解放した。意外な展開に戸惑いを隠せない宇佐美は、彼を残して走り去る車を寂しそうにいつまでも見送るのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/09/28]

映画情報を55件更新しました。

[2020/08/27]

映画情報を61件更新しました。