日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

人形佐七捕物帖 大江戸の丑満刻
ニンギョウサシチトリモノチョウオオエドノウシミツコク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年04月17日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
72分  

横溝正史の原作を「妖雲里見快挙伝・前後篇」の川内康範「角帽と女子大三人娘」の赤坂長義、それに真弓典正の三人が脚色「風雲急なり大阪城 真田十勇士総進軍」の中川信夫が監督した人形佐七捕物シリーズの第二篇。主演は「姫君剣法 謎の紫頭巾」の若山富三郎、宇治みさ子を中心に、鮎川浩、和田孝、御木本伸介、小高まさる、北沢典子など。

スタッフ

企画
笠根壮介
原作
横溝正史
脚本
川内康範真弓典正赤坂長義
監督
中川信夫
撮影
平野好美
音楽
渡辺宙明
美術
岩武仙史
照明
秋山清幸
録音
根岸寿夫

ストーリー

夜桜祭の酒宴に賑う唐物問屋、西国屋。芸者の花見踊を前に盃を交すは津島藩家老大寺大膳お抱え医師良庵、西国屋清兵衛、用心棒の平八郎の面々である。祭の趣向で一番の人気を集めるのは若衆姿の江波静馬、百合子兄妹のオランダカルタ占い。占いに一喜一憂する人々の中にはスリのお由もいた。ところで江波兄妹は、津島藩の家老を父に持っていたが奸臣のため無実の罪に陥されたため今、大道芸人となって父の悲運の真相を探っているという境遇にあった。そこへ酒宴の最中、西国屋清兵衛が突如殺されるという事件が起った。乗出した捕物名人、人形佐七は事件が津島藩に関係していると睨むが、競争相手の鬼瓦の宗兵衛は、逸早く現場から姿を消した江波兄妹を犯人と決める。時も時、医師の良庵が殺された。現場にカルタが落ちていたので宗兵衛は静馬を捕えた。しかし佐七は、スリのお由から意外の事実を聞きいよいよ静馬が真犯人でないと睨んだ。お由の話は、良庵殺しの当夜、自分が数人の黒覆面に斬られる良庵を目にし、驚いてカルタを落して来たというのである。これで静馬の良庵殺しの罪は晴れたが清兵衛殺しの疑いは依然彼にかかったまま。しかし佐七は百合枝から、静馬が津島山城守の娘綾姫と恋仲で、父山城守の病気に心痛する綾姫を時々慰めていた、という秘密を聞き新たな活動を起した。その百合枝は、前から知合いの西国屋源助の世話で西国屋に泊っていたが、ある日、源助と、清兵衛の妻お輝、用心棒平八郎ら三人の密談を盗み聞く。それによると、不倫の恋に走ったお輝と源助が清兵衛を邪魔者として毒殺、良庵は何者かの指示で平八郎が殺したというのである。この話をもとに佐七は津島山屋敷に忍び込み、今回の事件は、家老大膳が藩を乗取るため、同僚の静馬の父を罪に陥し、山城守を物狂いしたとして牢に押込めたのだと知った。良庵は、この秘密を知って殺されたわけである。佐七は事実を老中、土井越中守に直訴。更に変装して牢から山城守を救出。鈴ケ森で処刑寸前の静馬を助け、大膳一味と凄じい戦いの末、これを捕えた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。