日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

マダム(1957)
マダム

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年04月24日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

風俗作家織田作之助の未亡人織田昭子の同名原作の映画化である。「乳母車」の沢村勉と「孤独の人」の中沢信が共同脚色、監督、撮影は「最後の突撃」のコンビ、阿部豊と峰重義がそれぞれ担当した。主演は「危険な関係(1957)」の月丘夢路、「復讐は誰がやる」の左幸子、「街燈」の葉山良二、「フランキーの宇宙人」の安部徹、藤代鮎子、「8時間の恐怖」の金子信雄。ほかに小園蓉子、岡田眞澄、細川ちか子、堀恭子など。

スタッフ

製作
児井英生
原作
織田昭子
脚本
沢村勉中沢信
監督
阿部豊
撮影
峰重義
音楽
斎藤高順
美術
木村威夫
照明
安藤真之助
録音
沼倉範夫
編集
辻井正則

ストーリー

矢田秋子は銀座でも一流のバア“ナシサス”のマダムである。この酒の香と紫煙のうずまく世界には毎夜色と欲のさまざまな花が咲く。赤裸々な男女の人間像に、秋子はこの世を割切って暮しているつもりでも、ふと昔のことを思い出すのであった--彼女はかつて流行作家矢田作之介の愛人であった。しかし、矢田は秋子を愛しながらも、他に何人も女をこしらえた。その上彼は酷いヒロポン中毒であった。それでも、彼女は命がけで矢田に惚れていた。矢田が死ぬと急に周囲は彼女に冷くなった。彼女が正式に妻の座についていなかったからだ。そんな秋子をかばってくれたのは女流作家林ふき子であった。生きるために大阪でバアを開いた秋子は、矢田の生前から秘かに彼女を思慕していた豪商の一人息子で画家志望の杉浦の情にほだされて、二人で東京に駈落ちした。だが、生活力のない杉浦との同棲はたちまち破たんを来した。林ふさ子の忠告もあり、彼女は一人で強く生き抜こうと、中原というある大会社の重役から資金をかりて東京でバアを開いた。これが“ナシサス”であった。ところが、中原は秋子に欲望を抱いて、融資した三百万円の返済をたてに魔手をのばして来た。彼女は金策に奔走したが、ついに方策つきて、中原に呼ばれた待合で自潮的に酒をあおるのであった。酔った秋子に中原の手がのびた瞬間、襖が開いて三百万円の小切手を手にいまは勘当のとげた杉浦が駈けこんできた。そして、感謝に言葉もない秋子に、彼は「ぼくの心の中の秋子に対するほんの餞けや」ときれいに去って行った。秋子は、ひとり、所詮マダム業よりは、妻の座の方が幸福ではなかろうか、と今は、しみじみと心に思っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。