日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

大江戸風雲絵巻 天の眼
オオエドフウウンエマキテンノメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年04月16日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
126分  

田沼意次の悪政に挑む怪盗の正義とロマンを描いた三村伸太郎の原作より「男の牙」の共同脚色者の一人鈴木兵吾が脚色、「顔(1957)」の大曾根辰保が監督した。撮影は同じく石本秀雄。主演は「伝七捕物帖 美女蝙蝠」の高田浩吉、「男の牙」の田村高廣、瑳峨三智子、「「朝雲暮雲」より 野武士と女」の高峰三枝子。ほかに雪代敬子、大河内傳次郎、松本幸四郎、小沢栄、高野真二、山内明など。色彩は松竹イーストマンカラー。

スタッフ

製作
岸本吟一
原作
三村伸太郎
脚色
鈴木兵吾
監督
大曾根辰保
撮影
石本秀雄
音楽
黛敏郎
美術
武田殷一
照明
寺田重雄
録音
福安賢洋
編集
相良久

ストーリー

将軍家治の時代。世にいう天明の大飢饉に加えて時の老中田沼意次、意知父子の悪政は、庶民に塗炭の苦しみを与えた。折しも富豪や権力者を狙い、奪った金銭を庶民にばらまく業平小僧なる怪盗が出没した。ある夜、材木商五藤屋へ入った業平小僧は田沼に贈賄する御神馬を奪うが、逃げる途中、旅装の旗本佐野善左衛門にぶつかる。善左衛門は、はっと構えるが業平小僧も隙なく対し、事なく別れる。その善左衛門は翌日千代田城に田沼意知を訪ね、かつて意知が権力で奪った、上州の自分の神社の宝物--御神馬などを返してくれと頼む。しかし、善左衛門の妻雪江に横恋慕し、ふられた恨みのある意知は勿ろん拒む。一方、業平小僧の本名は伊之といい表向きは、妹お美津とべっ甲屋を営んでいた。彼が盗賊になったのは、相愛の津藤屋の娘おしのが色好みの意次に強引に奪われたからであった。田沼の暴政は目に余るものがあり、老中溜の間詰の松平定信も、その打倒を願っていた。定信の叔父で将軍吉宗の孫、玄斎は、ある夜、意知の刺客団に追われる善左衛門を救い、かつて自分の屋敷に乗込んだが、気っぷのよさに放してやった業平小僧に会い彼のべっ甲屋にかくまってもらった。やがて田沼の暴政を怒る町人が一斉に暴動を起した。業平小僧も田沼の邸へ例の御神馬を善左衛門の頼みで取返しに行く。おしのとも一目会うが捕手に追われ、危機を、かねて彼に好意を寄せるスリのお千代に助けられる。二度目の襲撃で業平小僧は遂におしのを連れ出すが、べっ甲屋に戻った二人を見て、お千代は自分の恋を諦めた。一方、田沼は業平小僧捕縛を厳命する。群る補手の中を業平小僧は、おしのを玄斎に預けて逃げる。しかし彼に心底から惚れるお千代の健気な犠牲で独り逃れた業平小僧は、田沼に取入る豪商連を次々と倒した。一方、千代田城内では、田沼の没落を暗示するかのように折から起った日蝕のかげりの中で善左衛門が意知に刃傷、これを倒した。松平定信によって田沼の悪政が追及され、やがて大江戸に再び明るい日が戻った。元の伊之に返った業平小僧も、お千代の墓前に、べっ甲屋としての再出発を誓った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。