日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

近くて遠きは
チカクテトオキハ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年04月02日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
100分  

毎日新聞夕刊に連載され現代の感覚を巧みに盛りこんだ新型式のホームドラマとして反響を呼んだ飯沢匡原作の映画化。「炎の氷河」の猪俣勝人が脚色し、「いとしい恋人たち」の番匠義彰が監督した風俗諷刺喜劇。撮影は「いとしい恋人たち」の生方敏夫。主な出演者は「軍神山本元帥と連合艦隊」の佐分利信、「満員電車」の杉村春子、「いとしい恋人たち」の石浜朗、「婦警日誌より 婦人科医の告白」の野添ひとみ、ほかに中川弘子、渡辺文雄、朝丘雪路、小林トシ子、山茶花究、北竜二など。

スタッフ

企画
深沢猛
原作
飯沢匡
脚色
猪俣勝人
監督
番匠義彰
撮影
生方敏夫
音楽
奥村一
美術
逆井清一郎
照明
田村晃雄
録音
小尾幸魚
編集
大沢しづ

ストーリー

大学教授の佐藤博士は或る俄か雨の夕方、隣家のお妾さん加島多美子と相合傘になってから急に親しくなり、独立しようとしている彼女の相談相手となる。佐藤家の夫人とみ子は売れっ子の映画脚本家、宿にカンヅメで旦那や息子の弘之のことは内弟子の酒巻女史に任せっきり。弘之は右隣りの相原家をきりもりする純情娘の鈴子が好きなくせに、一軒おいて左隣りの肉体女優澄川沙由子にウツツを抜かしている。旦那と別れて画のモデルになりたいと博士に相談する多美子、とみ子夫人の助手の安川青年と沙由子の仲を妬いて彼女に突如求婚する弘之、それと知って博士に泣いて訴える鈴子--そうした事件が間抜けな私立探偵から真偽とりまぜて熱海の宿に報告されたのでとみ子夫人は心配の余り帰宅する。その頃博士は多美子の純清さと色香に年甲斐もなく浮気心を起したが、彼女の美しい眼でたしなめられてしぼんでしまう。一方弘之は熱が嵩じ、沙由子と安川青年に暴力沙汰に及び拘置されてしまった。狼狽するとみ子夫人の味方は鈴子だった。博士も八方手を尽し、足繁く差入れや激励に来る鈴子に弘之の熱病もようやくさめてくる。多美子がとうとう独立して新生活への第一歩としてささやかなアパートに越していった夜、弘之が釈放される。近くて案外遠かった弘之と鈴子の中はこの事件のおかげで固く結ばれた。一刻千金月明りの春宵、二人は手をとってマロニエの並木路をいつまでも歩いていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。