日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

目白三平物語 うちの女房
メジロサンペイモノガタリウチノニョウボウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年03月27日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
72分  

平凡な庶民生活の中に、あふれるユーモアとペーソスを描いた中村武志の『サラリーマン・目白三平』を「美貌の都」の井手俊郎が脚色し、「殉愛」の鈴木英夫が監督する。撮影は「眠狂四郎無頼控」の山崎一雄。主な出演者は「暴れん坊街道」の佐野周二、「米」の望月優子、「歌う不夜城」の久慈あさみ、ほかに杉葉子、団令子、佐原健二、千石規子など。

スタッフ

製作
金子正且
原作
中村武志
脚色
井手俊郎
監督
鈴木英夫
撮影
山崎一雄
音楽
宅孝二
美術
小川一男
照明
城田正雄
録音
藤繩正一

ストーリー

目白三平は或る日、骨抜きに箱根へ出かけそこで失恋の挙句自殺をしにきた青年大塚耕一を知り、慰めてやる。女房の文子は品川夫人に、箱根でクラス会を開くから一緒にと誘われる。ところが相談をうけた三平は近所のドライ娘雪子との約束が気になり文子の話にも上の空、電子と踊る三平は女房の娘時代を想い出すうちよろめいてシャツに口紅をつけてしまう。家に帰って早速文子に難詰されるが、試しに踊っているうちに昔を想い出す。子供の春木と冬木があきれてみている。ある日曜日、三平は雪子の相談をうけた。実は彼女には“おじさま”がいるのだが、その後お見合した青年が好きになり結婚まで進んだけど、過去を告白すべきか、そして彼に会ってほしいと言う。丁度喫茶室で話中の二人を飯田夫人に発見され、告げ口された文子は断然箱根行きを宣言。しかしクラス会は主人の出張や子供の病気とかで文子と品川夫人の二人だけ、一方雪子が紹介した青年は三平が温泉で知った大塚耕一だった。三平は二人の過去を自分一人の胸に収めて二人の幸福を祈ってやる。文子も家の方が気になり宿から電話するが雪子が結婚するときいて安心し忽ち里心がつく。翌日文子が帰宅すると巡査が来ていて、外に干した毛布が盗まれたとのこと。数日後、冬木をつれた文子はいつか冬木の落したカリン糖を拾っていた男の子をみかける。冬木はカリン糖の包みをさし出すが、男の子は逃出し冬木がやっとつかまえるとワッと泣き出してしまった。その夕方、男の子とやつれた母親が台所口を訪れた。カリン糖のお礼と、前日の毛布も……と泣き崩れる。三平と文子は平凡な家庭こそ最高の幸福だと感慨にふけるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。