日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

雨情
ウジョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年03月20日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
117分  

明治末期から大正・昭和にかけて人々に親しまれた民衆詩人、野口雨情の放浪生活を描いた純愛作品。時雨音羽の原作を「姿なき一〇八部隊」の八木隆一郎と「海賊奉行」の高岩肇が共同脚色し、「女囚と共に」の久松静児が監督する。撮影は「続へそくり社長」の中井朝一。主な出演者は「おしゃべり社長」の森繁久彌、「銭形平次捕物控 まだら蛇」の木暮実千代、「極楽島物語」の草笛光子、ほかに千秋実、扇千景、青山京子、久保明、多々良純、藤原釜足など。

スタッフ

製作
滝村和男
企画
掛下慶吉
原作
時雨音羽
脚色
八木隆一郎高岩肇
監督
久松静児
撮影
中井朝一
音楽
古関裕而
美術
小島基司
照明
今泉千仭
録音
西尾昇

ストーリー

野口雨情の生家は茨城県下磯原きっての素封家だったが、彼の代になって借財に苦しんでいた。彼は母の意志で土地の富豪大浦家の娘しづと結婚させられる。しづは雨情の詩に理解をもたず、彼にとって結婚生活は味気ないものだった。やがて二人の間に男の児が生れる頃になると野口家は全く行き詰り、しづとその兄の大浦政一との手で整理されることになった。雨情の詩作生活は日増しに周囲から圧迫されて行き、そのやるせなさをいやして呉れるのは時たま逢う瀬の加代であった。彼女は土地の芸者、お互に昔から愛し合っていたのだ。だがその加代もしづの兄政一の手で雨情から遠去けられてしまった。雨情は“好い詩を書くために--”と記した一冊の手帖を残し、加代の後を追って磯原を去る。漂泊の旅を続け彼は加代がいると聞いた北海道に渡ったがそこには加代は居なかった。傷心の思いを抱いて郷里へ帰り放浪の詩作生活が続く。そして加代恋しの心で狂わんばかりの雨情を救ったのが作曲家中山晋平だった。潮来の水郷に船を浮べた二人は、新しい民謡の創作に精進することを誓い合う。そして水郷の女船頭おかよとその恋人勘一のはかない恋物語は、雨情の加代を求めるせつない心と結びついて名作“船頭小唄”を生んだ。--しづとの間に生れた子、杉雄を連れて上京したとき、思いがけなくも彼は加代に出会った。しかし束の間の逢う瀬も、杉雄の母を恋うる心と、加代の世話をしている男の激怒とが相寄る二人を再び離れさせてしまった。磯原に帰った雨情を迎えたものは政一の罵倒としづの涙であった。すでに身の置きどころのなくなった自分に気がついた雨情は、「雲雀のように雲ン中に消えてったら、なんぼかいいでヤンしょうが……」と、折から“じゃんがら祭”で賑わう町から、夕闇の中にいずこともなく佗しく姿を消して行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。