日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

忘れじの午後8時13分
ワスレジノコゴハチジジュウサンプン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年04月03日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
96分  

前作「午後8時13分」に続いて同じく“平凡”所載菊田一夫原作「忘れじの午後8時13分」を「鼠小僧忍び込み控 子の刻参上」の小国英雄が脚色し、「極楽島物語」の佐伯幸三が監督するメロドラマ。撮影は「続・銀河の都」の中川芳久。主なる出演者はコンビ「駅馬車襲わる」の根上淳と同じく川上康子、「大番」の加東大介、「朝の口笛」の品川隆二、ほかに北原義郎、三島雅夫、高松英郎、浜口喜博など。

スタッフ

製作
永田雅一
企画
米田治
原作
菊田一夫
脚色
小国英雄
監督
佐伯幸三
撮影
中川芳久
音楽
古関裕而
美術
高橋康一
照明
伊藤幸夫
録音
橋本国雄

ストーリー

神戸拘留所に留置されていた原田譲二は突然釈放される。譲二は、由比子が坂上雄二の好意で彼の社へ勤めるべく神戸へ下ったとは知らず、駒田看守に送られて上京したが、彼をひき戻すための昔の仲間で刑事殺しの嫌疑が待っていた。そして蘇州の鉄らにより神戸へ送られる途中譲二は隙をみて脱走。彼が再び指名手配になったと聞き、絶えず彼の面倒をみてきた矢田部刑事は心を痛める。そこへ少しでも譲二の苦労を救いたいと由比子が頼みに来た。キャバレー神戸、植村信吾の凄いドラムの音を背に客と踊る由比子。譲二はききこみでここが根城と知って入って来、由比子の姿に驚く。「いつもの時間にいつもの処で」の電話。そして月光の下、会下山公園で抱き合う二人の姿があった。兵庫棧橋。由比子と約束して出かけた譲二の前に現れたのは八田一味。信吾の情報で由比子との連絡、そして彼女の後に警察の手があることは既に知れていたのだ。譲二と八田がもみ合う中にピストルの音があり八田は倒れる。かけつけた由比子は譲二を励まし自ら罪を被るべく自首する。譲二は正当防衛の証しをたてるため目撃者の鉄を探すが、鉄は拳銃で譲二を傷つけるとともに自らも警官の弾にあたって倒れてしまう。自分の潔白を証拠だてる何ものもなくなり譲二は思案の末、矢田部刑事の宅へ行き、真相をうち明けた。譲二と由比子の陳述と矢田部刑事、駒田看守らの証言で先の刑事殺しの件は有利になったが、八田殺しについては依然行詰っている処へ意外な証人、植村信吾が現れて譲二は白日の身となった。晴れて抱き合う二人の頬を大粒の涙が流れて行く。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/11/29]

映画情報を54件更新しました。