日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

婦警日誌より 婦人科医の告白
フケイニッシヨリフジンカイノコクハク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年03月06日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
102分  

婦入朝日連載の島田一男原作『婦警日誌』を「いとしい恋人たち」の椎名利夫が脚色し「白磁の人」の岩間鶴夫が監督した。撮影は「白磁の人」の小杉正雄。主な出演者は「家庭教師と女生徒」の菅佐原英一、「正義派」の野添ひとみ、松竹新入社の桑野みゆき、鹿島信哉のほか山村聡、水戸光子、藤原釜足など。

スタッフ

企画
桑田良太郎
原作
島田一男
脚色
椎名利夫
監督
岩間鶴夫
撮影
小杉正雄
音楽
加藤三雄
美術
平高主計
照明
荒井公平
録音
新楠元
編集
杉原よし

ストーリー

婦人警官塚原小枝子は酔いどれ嘱託医花井一郎に好意をよせている。偶々、花井が堕胎手術をした矢田美音子を恐喝しているとの投書から、小枝子は彼と一緒に美音子の所へ行く。そして花井が、彼女の夫の留守中浮気しているのを強く説諭するのを見て納得。帰り途二人は、恋人に体を許した高校生の三国淑子をつれて帰った。恋人の吉田との結婚を許してくれない両親に反抗してとは知らず花井は妹のみきをつけて送らせる。その夜、怪漢が三国邸に侵入。怪漢は金助といい昔はスリだったが今は更生し、病身の淑子の生みの母お常と暮しているが淑子の身を案じて邸を覗いたのである。騒がれて、淑子を思って真実を語れず自首する。花井と小枝子はお常をひきとり、すべてを聞く。彼女が昔女中だったとき三国半造との間に淑子が生れたのだが身分違いのため身をひいたのだった。話変って小枝子の友達糸満子は、村井という男と結婚していたが、彼女の小金に目をつけた村井の細工で彼女は神経が昂じ夫を殺そうとする。花井は、彼女を救えるのは君一人だと村井を諭し夫婦を新しい生活に送り出してやる。そうしたある日、与太者の手入れで、二人は仲間からリンチをうける吉田を救う。不良大学生の吉田は淑子を知ってから真剣に立直ろうとしていたのだった。若い二人のために花井は事業家の三国半造を訪ね、全てを語り二人の結婚を頼むが半造は逆に権力で吉田を退学させてしまう。事情を知った淑子は吉田を追って彼の郷里へ。子供の家出に驚愕した三国夫妻は初めて自分達の非を悟り、花井と小枝子の協力で事は円満に解決し、お常や金助も喜び合った。月夜に想いを通わす花井と小枝子、だが別れた妻の面影を追う花井の心に小枝子は悲しみを胸に秘めるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。