日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

風雲急なり大阪城 真田十勇士総進軍
フウウンキュウナリオオサカジョウサナダジュウユウシソウシングン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年02月27日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
70分  

「怪異宇都宮釣天井」のコンビ仲津勝義と武部弘道が共同で脚本を書き「人形佐七捕物帖 妖艶六死美人」の中川信夫が監督した娯楽時代劇。撮影は「金語楼のお巡りさん」の西垣六郎。主な出演者は「関八州大利根の対決」の天城竜太郎、舟橋元、「妖雲里見快挙伝・前後篇」の小笠原竜三郎、「女だけの街」の田崎潤、「人形佐七捕物帖 妖艶六死美人」の日比野恵子、ほかに藤木の実、湊幹、丹波哲郎、杉山弘太郎など。

スタッフ

製作
津田勝二
脚本
仲津勝義武部弘道
監督
中川信夫
撮影
西垣六郎
音楽
佐野日出男
美術
岩武仙史
照明
平岡岩治
録音
根岸寿夫

ストーリー

慶長五年八月、関ヶ原の合戦は豊家に利あらず天下の大勢は徳川に傾いた。九度山に閉居する真田幸村は、大阪城の木村長門守の要請により豊家再興の決心を固め、部下の十勇士は各班に分れ諸大名の動静を探ることになった。十勇士の一人、猿飛佐助は長門守の使者菊乃の伴をし、清海入道を連れて大阪城に向うが、途中酒癖の悪い清海は、徳川の間者で幸村の侍女をしているお近に操られ佐助の行動を洩らす。お近は仲間の孫兵衛と大阪城へ。一方、長門守に会った佐助は、徳川の館から豊家再興の鍵となる秀吉の遺言書を奪うよう頼まれる。その長門守も登城して遺言書の返還を遅らせる大野治長を責めるが、逆に淀君にたしなめられ無念の涙を呑む。その頃、菊乃は黒装束に捕り蔵屋敷に連込まれた。ところが、この蔵屋敷には、家康の命令で大阪城を粉砕する火薬が隠してあった。菊乃を捕えたのは実は大阪方の重臣平野主水正。彼は美しい菊乃に挑みかかるが、それを猫に化けた霧隠才蔵が救う。が、事破れたりと知った平野によって蔵屋敷に火がつけられ、才蔵らは大爆発の中を危く逃れた。しかし、この爆破事件によって長門守は重臣たちを火急召集、徳川と通ずる平野の陰謀を暴き、これを斬った。一方、徳川の館では家康が、秀吉の遺言書を取出し臣下を前に事もなげに焼棄てた。余りに無欲な、と重臣が驚く中に、家康は偽遺言書を出して見せ、せせら笑う。ところで徳川の間者お近は、敵ながら佐助を慕う身。家康の手文庫から、当の遺言書を盗むが、孫兵衛に見つかり実康の前で斬られようとする。が、その瞬間、天地鳴動、遺言書は天井に舞上る。折しも現れた佐助の忍術である。佐助は続いて家康を追うが、どんどん返しの壁にあって家康を逃す。無念の一語を後に佐助は姿を消すが、やがて幸村を先頭に大阪城へ急ぐ真田十勇士の中に、再び家康を討たんとする佐助の姿があった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。