日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

青春の抗議(1957)
セイシュンノコウギ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年03月13日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
70分  

銀嶺の大自然を背景にした青春物語、石坂洋次郎の原作『冬山の幻想』より「新婚第一課」の西島大と、中原由紀、「感傷夫人」の堀池清が共同脚色、同じく堀池清が監督した。撮影は「孤独の人」の高村倉太郎。主な出演者は「孤独の人」の津川雅彦、「お転婆三人姉妹 踊る太陽」の浅丘ルリ子、「街燈」の南田洋子、「危険な関係(1957)」の大坂志郎など。

スタッフ

製作
坂上静翁
原作
石坂洋次郎
脚色
西島大中原由紀堀池清
監督
堀池清
撮影
高村倉太郎
音楽
真鍋理一郎
美術
坂口武玄
照明
大西美津男
録音
古山恒夫

ストーリー

大自然の懐に抱かれた小さな町。戦争で父母を失った十八歳の茂木保吉は姉ミツ子と伯父夫婦に引取られていたが、そのうち姉は古河家に嫁いでいった。保吉は、また同じ高校の下級生坂田テルと大の仲良しであり、大学進学を夢みる好青年であった。ところが、その大学志望を伯父に反対され、姉は姑と合わず戻ってきて伯父の怒りを買う。が姉自身は夫の古河と時々会っているのを知って少年の保吉には大人の世界がウソばかりのように思われてくる。テルも保吉との交際に無理解な母親に腹を立てる。そうした二人は約束したスキーに行く。黙って白い息を吐きながら歩く二人。照りつける陽の下に二人は上半身を裸にする。互いに瞶める素朴な驚きの瞳。疲れて雪の上に横たわり、保吉はテルの乳房の汗を拭く。突如凄じい銃声。恐しい幻影がテルの胸に浮ぶ。血だらけになって苦悶する自分の姿……。やがて二人はスキーを谷に落し山小屋で一夜を明かす。野兎のように体をすり寄せて。救い出された二人に世間の口はうるさい。だが二人は純潔を守っていた。保吉にもテルにも、このことは人生の素晴しい経験として、醜い大人たちへの青春の抗議として二人の胸に残った。女教師石井も、この偽らぬ姿に心を打たれる。かくて姉ミツ子も古河と新生活を求めて東京へ旅立ち、姉夫婦を見送って帰る保吉とテルの歌声が明るくひびいていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。