日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

復讐は誰がやる
フクシュウハダレガヤル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1957年01月29日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

サーカスを背景にしたスリラー篇。“小説と読物”所載、青木義久の原作から、原作者自身と「俺は犯人じゃない」の窪田篤人が共同脚色し、「地底の歌」の野口博志が監督した。撮影は新人松橋梅夫。主な出演者は、「最後の突撃」の水島道太郎、「お転婆三人姉妹 踊る太陽」の三橋達也、「沖繩の民」の左幸子、「孤独の人」の坂東好太郎らに加え、瀬川路三郎、西村晃、雪岡純、天路圭子、新人の筑波久子と服部千代子など。

スタッフ

製作
浅田健三
原作
青木義久
脚色
青木義久窪田篤人
監督
野口博志
撮影
松橋梅夫
音楽
原六朗
美術
坂口武玄
照明
岩木保夫
録音
高橋三郎

ストーリー

ブランコの竜こと中田竜太郎が澄子と演ずる、得意の手裏剣を使っての空中ブランコは柿崎サーカスの人気の的。竜を慕う澄子の気持は団長の柿崎も知っていたが、当の竜はいつも彼女を避けてしまう。今日もキャバレー・セシボンの地下賭場へ一人赴いた竜の姿。胴元拳銃の政や子分ネクタイの秀、オントの松らは竜を悪事の手先に使おうと考えていたが、博奕に負けた竜を政の情婦恵美子の手で誘惑させ、遂に強制の上、一味に加担させる。自分らの大親分である大川の金庫を狙う政らは竜の手引で金庫を奪った上、大川を射殺、驚く竜をも穴に蹴落し乱射した。泣き崩れる澄子共々、さびれた柿崎サーカスは巡業に旅立った。二年後、東京に戻った一座にはライフル銃の名手雄吉が加わり、澄子と組んで昔日以上の人気を呼んでいた。柿崎は竜を想い続ける澄子も雄吉と一緒にさせて人気を保ちたいと考えた。東京での興行は連日超満員だが、政と秀、松らは雄吉に見覚えあると首をひねっていた。その夜、キャバレー支配人室の松の前に、かつて深傷を受けつつ一命を全うした竜が復讐の形相凄く現われた。が松は何者かの投げナイフで絶命、翌日街は大騒ぎとなる。気をもむ柿崎の前に現われた竜は、生れ変ったつもりでやると一座再加入を懇願。翌朝、“ブランコの竜復帰”の新聞記事で雄吉の写真を見た政と秀は驚く。雄吉こそ殺した大川親分の伜だったのだ。その夜、対決した雄吉と政ら。投げナイフで二人は瞬時に虚空を掴む。竜復帰第一回公演の日、雄吉は自らの正体を竜に告げた。彼は舞台で竜を射殺する決意なのである。何も知らぬ澄子と共にブランコに乗った竜は、舞台で死ねば本望と覚悟を決める。しかし雄吉はサーカスを台なしにしたくないとその場は無事にすませたが、警察へ通報しようとした竜に激怒して、大格闘となる。しかし罪を一身に負って自首しようという竜の覚悟を知った雄吉は、駈けつけた刑事に自らの仕業を告白した末、竜と澄子の幸福を祈りつつ曳かれていった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。